ニュース
» 2018年11月21日 19時30分 公開

想像以上の味に圧倒! リニューアルしたセブンのチキンのクリスマス感がすごい

味だけじゃなく、匂いや食感もさらにグレードアップ。

[式,ねとらぼ]

 セブン‐イレブンが人気のカウンターフーズであるチキンを、クリスマスの主力商品としてさらに充実させました。その試食会を11月21日、セブン‐イレブン本社ビルで開催。編集部も参加してきました。セブン‐イレブンのチキン、おいしかった……。

クリスマスチキン 飾りつけの凝った試食会場
クリスマスチキン セブン‐イレブンのクリスマスチキンラインアップ

 クリスマスチキンとして販売される商品は4種類(価格は全て税込み)。

  • ローストチキンレッグ(398円、11月27日発売予定)
  • 新・ななチキ(198円、発売中)
  • 新・ななチキ(骨付き)(298円、11月27日発売予定)
  • 新・揚げ鶏(竜田)(188円、発売中)
クリスマスチキン ローストチキンレッグ
クリスマスチキン 新・ななチキ
クリスマスチキン 新・ななチキ(骨付き)
クリスマスチキン 新・揚げ鶏(竜田)

かぶりつかずにいられない「ローストチキンレッグ」

 今回試食させてもらったのは、「ローストチキンレッグ」と「新・ななチキ」。クリスマス風に仕立てられたテーブルにナイフとフォークが用意され、雰囲気もバッチリです。まずは今回の目玉である「ローストチキンレッグ」から。配膳されているときからニオイがたまらなくて……がぶりっ。

クリスマスチキン 「ローストチキンレッグ」1本でもかなりの見栄え

 はじめはタレの優しい甘みが舌から広がっていき、追いかけるようにジューシーさが口の中いっぱいにジュワ〜〜。このタレはお年寄りやお子さんも食べやすいようにしょうゆ、砂糖、お酒で、シンプルで甘めな味付けにされているとのこと。それがいっそう鶏肉のうま味を引き出していて、2口目、3口目と止まらなくなります。うま味を閉じ込めるために油で揚げられているのですが、後味もあっさりです。

 そしてチキンのポイントである食感! 腿の下部分のお肉がぷるっぷるなのが最高です。しかも、「ローストチキンレッグ」は今回、骨と肉の間に刃がいれられているスリット加工がなされているので、食べやすくなっています。お肉が骨からはがれづらいと、口のハタが汚れやすくなっちゃいますもんね。これも相当手間がかかっていると思います。ちなみに持ち手も工夫されていて、ぜいたくな型紙仕様。油がにじんでこないので指もあまり汚れません。甘いタレとさっぱりした後味で誰でも食べやすい商品になっているので、家族や子どもたちのクリスマス会にもってこいです。

クリスマスチキン 木皿に並べられると、パーティー感が増しますね

辛くないのにパンチが強い「新・ななチキ」

 お次は「新・ななチキ」。最近リニューアルされた「ななチキ」です。こちらはコンビニのカウンターフーズファンにとってはおなじみの紙袋に包まれて提供されました。キリトリ線を破ると、スパイシーな香りがほわーっと漂ってきます。口に入れると、スパイスの爽やかさと塩こうじに漬けこまれた鳥の味がガツッ!

 「ローストチキンレッグ」はやわらかで家庭的な味わいでしたが、「新・ななチキ」は濃い目な味をダイレクトにぶつけてくる印象でした。辛くはないのですが、スパイスがよく効いていて、鶏肉も衣の味付けに負けないぐらい強いです。パン粉を使った衣もカリカリで、食べていて楽しい商品ですね。スパイスは11種類、セロリやローズマリーを使っているそうで、さわやかな風味が口に残ります。フライドチキンでありながら、かなり上品な味わいになっていました。ビ、ビールがほしい……! 今回は骨なしの「新・ななチキ」でしたが、骨付きも発売予定だとか。そちらも試してみたいですね。

クリスマスチキン お皿次第で様になる「新・ななチキ」さん
クリスマスチキン 「新・ななチキ」はおつまみにもピッタリ
クリスマスチキン 重厚な味わいでおかずにもバッチリな「新・揚げ鶏(竜田)」

 これらの商品を対象に12月20日〜12月25日まで、クリスマス期間限定セールが開催され、各商品が20円引きに。しかも、お好みの商品4本を買うと、さらに20円引きになります。

 これまでもチキンやケーキなど、クリスマスに力を入れてきたセブン‐イレブンですが、パーティーに向いたオードブルも販売。チキンとあわせて予約をすると華やかなクリスマスパーティーが楽しめそうですね。

クリスマスチキン ケーキのご予約も忘れずに

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」