ニュース
» 2018年11月22日 08時00分 公開

ICカードとiPhoneを使って遊ぶ新感覚ボードゲーム「アナログデジタルボドゲ」誕生

デジタルだけどアナログなボドゲもやっぱり盛り上がる!

[林美由紀,ねとらぼ]

 iPhoneとICカードを組み合わせて遊ぶ新しいタイプのボードゲーム「アナログデジタルボドゲ」を、Web制作会社のブルーパドルが発表した。専用アプリはストアで無料ダウンロード可能で、専用ICカードは12枚セットで5000円。


アナログデジタルボドゲ01 アナログ×デジタルのボードゲーム

 専用アプリをインストールしたiPhone(iPhone 7以降の機種)で、12枚の絵柄のない真っ白なICカードを読み取ることで、9種類のゲーム(1種は開発中)を遊ぶことができる。


アナログデジタルボドゲ02 iPhoneと真っ白なICカードで遊ぶ

 提供されるゲームは、目を閉じて音のペアを探す「見えない神経衰弱」、カードをはじいてスマホの近くへと飛ばす「どこでもゴルフ」、日常にあふれる効果音に「あだ名」をつけて遊ぶゲーム「SOUND NAME」、ハズレを引くと自分のTwitterアカウントから恥ずかしい投稿をされてしまう「ロシアンツイート」など。


アナログデジタルボドゲ03 見えない神経衰弱


アナログデジタルボドゲ04 どこでもゴルフ


アナログデジタルボドゲ05 SOUND NAME


アナログデジタルボドゲ06 ロシアンツイート


アナログデジタルボドゲ07 ランダムに並べた地雷カードを布で隠し、カードにぶつからないように避けながらゴールを目指す「地雷ダンジョン」


アナログデジタルボドゲ08 相手のスマホに向かってカードを投げるバトル輪投げ「マッハ輪投げ」


アナログデジタルボドゲ09 あるキーワードから発想する物語を2人でつくるゲーム「即興ドラマバトル」


アナログデジタルボドゲ10 選ばれたカードの順番を記憶して、最後までタップしてラップできた人が勝つ「記憶力RAP」


アナログデジタルボドゲ11 表示された画像に一番似ているプレイヤーを探してAIが判定する「AI判定そっくりさん」(開発中)

 専用ICカードは、11月24〜25日に東京国際展示場で開催される「ゲームマーケット2018秋」で限定100部発売される。12月にはクラウドファンディングも予定されている。

 「アナログデジタルボドゲ」は、アプリをアップデートすることで、カードを変えたり新しいカードを増やさなくても、ゲームが増えていくのが特徴。ブルーパドル代表の佐藤ねじさんは「今年もいろいろ作りましたが、こちらのボドゲが2018年の代表作的な作品でしてわりと肝いりのプロダクトです」とコメントしている。

画像提供:ブルーパドル



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.