ニュース
» 2018年11月22日 10時30分 公開

スバル、「クロストレック」に同社初のプラグインハイブリッド 米国で2018年内発売(1/2 ページ)

日本市場向けスバル車にも早期追加を期待。

[agar,ねとらぼ]

 SUBARU(スバル)は11月19日(現地時間)、同社初のプラグインハイブリッド車(PHV)となる「クロストレック ハイブリッド」を米国で発表しました。

クロストレック ハイブリッド クロストレック ハイブリッド(写真:SUBARU、以下同)

 クロストレックは、日本では「XV」として販売されている海外市場向けのクロスオーバーSUV(スポーツタイプ多目的車)。日本市場向けのXVにも水平対向エンジン(ボクサーエンジン)と電動モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「e-BOXER」を搭載するモデルがありますが、クロストレック ハイブリッドは家庭用コンセントなどの外部電源から差し込みプラグを差してバッテリーを直接充電できるタイプのハイブリッドカーです。

 プラグインハイブリッド車は、給油すれば長距離を走れて従来のガソリンエンジン車のような感覚で扱えるハイブリッド車と、自宅で充電しておけば買い物などの短距離移動ならば電気代だけで経済的に済ませられるフル電動車に対して、シーンに応じて両方の使い方ができる“いいとこ取り”の仕様が特徴です。

スバル初のPHV スバル初のPHV

 パワートレインは、2リッターの水平対向4気筒エンジンとCVT、2つの電動モーターで構成。最大航続距離は約772キロ(480マイル)、モーターのみでも最大で約27キロ(17マイル)の走行が可能です。また、ハイブリッド走行時にはモーターアシストで力強い加速も実現できます。走り出しから最大トルクを発生するモーターの特性を生かし、SUVとしての悪路走破性も高めています。

 エクステリアは通常のクロストレックをベースに専用パーツを採用し、迫力が通常モデルより増しています。ハイブリッド専用色としてあざやかな水色「ラグーンブルー・パール」を設定しました。スマートフォンとの連動機能も用意し、アプリによって車体の充電設定や乗車前のエアコンオンなどの遠隔操作が可能です。

航続距離は約772km。EVモードでは約27kmの走行が可能 航続距離は約772キロ。EVモードでは約27キロの走行が可能
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響