ニュース
» 2018年11月22日 10時30分 公開

スバル、「クロストレック」に同社初のプラグインハイブリッド 米国で2018年内発売 (1/2)

日本市場向けスバル車にも早期追加を期待。

[agar,ねとらぼ]

 SUBARU(スバル)は11月19日(現地時間)、同社初のプラグインハイブリッド車(PHV)となる「クロストレック ハイブリッド」を米国で発表しました。

クロストレック ハイブリッド クロストレック ハイブリッド(写真:SUBARU、以下同)

 クロストレックは、日本では「XV」として販売されている海外市場向けのクロスオーバーSUV(スポーツタイプ多目的車)。日本市場向けのXVにも水平対向エンジン(ボクサーエンジン)と電動モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「e-BOXER」を搭載するモデルがありますが、クロストレック ハイブリッドは家庭用コンセントなどの外部電源から差し込みプラグを差してバッテリーを直接充電できるタイプのハイブリッドカーです。

 プラグインハイブリッド車は、給油すれば長距離を走れて従来のガソリンエンジン車のような感覚で扱えるハイブリッド車と、自宅で充電しておけば買い物などの短距離移動ならば電気代だけで経済的に済ませられるフル電動車に対して、シーンに応じて両方の使い方ができる“いいとこ取り”の仕様が特徴です。

スバル初のPHV スバル初のPHV

 パワートレインは、2リッターの水平対向4気筒エンジンとCVT、2つの電動モーターで構成。最大航続距離は約772キロ(480マイル)、モーターのみでも最大で約27キロ(17マイル)の走行が可能です。また、ハイブリッド走行時にはモーターアシストで力強い加速も実現できます。走り出しから最大トルクを発生するモーターの特性を生かし、SUVとしての悪路走破性も高めています。

 エクステリアは通常のクロストレックをベースに専用パーツを採用し、迫力が通常モデルより増しています。ハイブリッド専用色としてあざやかな水色「ラグーンブルー・パール」を設定しました。スマートフォンとの連動機能も用意し、アプリによって車体の充電設定や乗車前のエアコンオンなどの遠隔操作が可能です。

航続距離は約772km。EVモードでは約27kmの走行が可能 航続距離は約772キロ。EVモードでは約27キロの走行が可能
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.