ニュース
» 2018年11月23日 08時30分 公開

「この告白はプレミ(プレイングミス)」 男子の告白を専門用語でぶった切る カードゲーマー女子の生態を描いた漫画が同志に刺さりまくり

ガチ過ぎてついていけねぇ……。

[植木 鉢,ねとらぼ]

 カードゲーマー女子を題材にした漫画が専門用語満載で、作者のカードゲーム愛を感じます。描いたのはTwitterユーザーのけぱさん


カードゲーマー女子 「丸い構築が板」……?(「丸い」は「無難な、妥当な」という意味、「板」は「鉄板だ、間違いない」という意味)

 姫子は半年前にカードゲームを始めた女の子。カード自体にそれほど興味はありませんが周りからチヤホヤされるのがうれしいからと不順な動機でプレイしています。


カードゲーマー女子

 しかし、そんな姫子の地位を脅かす出来事が発生します。カードゲーム界隈に新しい女の子が来るようになったのです。かわいさは自分の方が上と思っている姫子でしたが、そこに現れたのは真菜というすごくかわいいガチカードゲーマーなのでした。


カードゲーマー女子

姫子と真菜

 2人はなんやかんやで話すようになり、カードショップで恋バナ(?)をする姫子と真菜。真菜のモテエピソードが語られていますが、告白されても「まずはゲームプランから説明して」「こちら側には全くアド(アドバンテージ)が無い」「どう考えてもこの告白はプレミ(プレイングミス)」とカードゲーム用語を連発して相手が逃げる始末。カードゲーマー脳すぎてついていけません!


カードゲーマー女子 シャカシャカシャカシャカ……


カードゲーマー女子 何言ってるかわかんねぇ……

 この漫画はカードゲーマーに刺さるようで「この告白はプレミで草」「上級者はシャカパチ(注:カードで音を立てる行為)で会話するようになる」と、これまた専門用語を使ったコメントが寄せられていました。

 続編も続々と公開されており、ポッキーゲームすらカードゲームの視点で捉えてしまう日常や、メガネをクイクイしながらドヤるカードショップの店員さんなどが描かれているので、気になる人はけぱさんのTwitterをのぞいてみてください。

画像提供:けぱさん

(植木鉢)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する