ニュース
» 2018年11月27日 19時30分 公開

居心地の悪い同窓会、苦手な同級生に絡まれたと思ったら……センチメンタルな展開見せる漫画が胸に響く

夢を追い続ける大人になりたい。

[林美由紀,ねとらぼ]

 知っている人がいないとアウェイ感が半端なく、異国にでも放り出されたような気持ちになる同窓会。そんな同窓会に自分の作品のネタ探しにと参加した漫画家の主人公と、まったく話が合わなそうな陽キャの会話を描いた漫画が、なんだかちょっとセンチメンタルです。


同窓会03 キミも恥ずかしそうに夢を語るんだね

 仲のいい友人もおらず、分かち合う思い出もないけれど、次回作のネタでも探せればと同窓会に参加する主人公。案の定居心地も悪く、そろそろ帰ろうと思っていたところに、同級生が話しかけてきます。軽いノリで話しかける彼は、学生時代はうまくもない弾き語りで女の子にアピールしており、主人公にとっては「うるさい」やつでした。これは話が合わなそう……。


同窓会01 帰ろうとしたら話しかけられ……

 彼は「まだやってんだって? ……アレ! マンガ〜!!」と話を振ってきます。きっと漫画を描いていることを馬鹿にされたり、いじられるんだろうと思った主人公。しかし彼は「オレも…まだやってんの! …音楽…」と恥ずかしそうに語ります。「夢」というキーワードでつながった2人は、それからポツリポツリと会話を交わすのでした。


同窓会02 ちょ、オマエ、いい奴!

 子どものころや学生のときに持っていた夢をいつしかあきらめ、それなりに生きる人が多い中、夢を追い続けるのっていいなと思わせてくれる2人の会話。しかも、軽めのキャラなのに、夢を語るときは少し恥ずかしそうになるのがいい!  読者からは「最高な大人」「照れながら語るのがいい」など共感を得ています。

 作者は漫画家の銅☆萬福 (@d_manpuku)さん。ヤングジャンプコミックス『オッドアイ少年』、ふんわりジャンプ『みやこウォッチ〜金沢独日記〜』が単行本化されているほか、個人出版の短編集『銅ちゃんマガジン』や『ことりとふたり〜オカメインコ男子ワシオ〜』も販売中です。

画像提供:銅☆萬福 (@d_manpuku)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」