ニュース
» 2018年11月27日 11時30分 公開

「隅田川」を表すためにしか使えない漢字がある

一生使わなそう……と思ってしまった。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 皆さんは隅田川をご存じでしょうか? 毎年7月に大規模な花火大会が行われる、東京都の河川です。滝廉太郎作曲の唱歌『花』にも、「春のうららの 隅田川」と歌われていますね。

 では、「隅田川」を表すためだけの漢字が存在するのはご存じでしょうか?


どんな字?



 それはズバリ、「ボク」という字。「さんずい」に墨で、ボクと読みます。隅田川は古くは墨田川とも書いたので、そこから取ったのでしょう。


小説のタイトルに使われて広まった

 実はこの「ボク」という字、江戸時代に一人の学者が作っただけのもので、世間一般に使われる漢字ではありませんでした。いうなれば、個人が勝手に作った略字にすぎなかったのです。

 しかし、作家・永井荷風が、1937年に書いた小説『ボク東綺譚(ぼくとうきだん)』にこの字を使います。この作品は映画化もされるなど永井荷風の代表作となり、それと同時に「ボク」の字も世間一般に知られるようになりました。


地名を表すためだけの漢字はたくさんある

 このように、ある地名のためだけの漢字が作られるケースは、実はほかにも見られます。

 例えば、江戸時代の歴史家・頼山陽は、大阪の淀川に「さんずい+奠」という漢字1字を当てました。



 しかし、この字は現在では一切使われていない、と言っても過言ではありません。残念ながら「さんずい+奠」には、自身を世間に広めてくれるメディアが存在しなかったのです。

 そう考えると、「ボク」は極めて幸運な漢字だったといえるかもしれませんね。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた