ニュース
» 2018年11月27日 11時30分 公開

お台場の海へダイブ! 水陸両用バス「TOKYO NO KABA」がトワイライト便を冬季限定運行、1月まで (1/2)

ロマンチックな演出をしてくれるそうです。

[agar,ITmedia]

 お台場エリアの水陸両用観光バス「TOKYO NO KABA」が12月1日から、期間限定のトワイライトクルーズ便を運行します。

TOKYO NO KABA トワイライトクルーズ TOKYO NO KABA トワイライトクルーズ(写真:フジエクスプレス、以下同)

 TOKYO NO KABAは、2017年11月にお台場エリアで運行を開始した水陸両用バスによる観光ツアー(関連記事)。JR九州の豪華列車「ななつ星in九州」などを手掛けた工業デザイナー・水戸岡鋭治氏がデザインしたバスを使い、車体には水と陸の両方で生活する動物の王者である「カバ」のイラストが描かれます。

 車両は日本製で、定員38人、航海速力は6ノット(時速約11キロ)。陸路でフジテレビ本社やヴィーナスフォート大観覧車などのお台場の観光スポットを周り、さらに東京湾へダイブしてレインボーブリッジの下をくぐる海上クルージングへ移る、1回約45分のコースです。

お台場ドライブと東京湾クルーズを一度に楽しめる お台場ドライブと東京湾クルーズを一度に楽しめる

 TOKYO NO KABAでは2018年1月6日までの期間中、冬期の最終便となる16時20分発の便をトワイライトクルーズに設定して運行します。虹色にライトアップされたレインボーブリッジやお台場の夜景を間近で楽しめるとのことで、車内で流れるBGMもロマンチックなものに変更してくれるそうです。期間中、ライトアップをイメージしたオリジナルLEDライト付きボールペンももらえます。

バスが大きな水しぶきとともに海へ突入 バスが大きな水しぶきとともに海へ突入
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.