レビュー
» 2018年11月27日 13時00分 公開

「三億円事件ツアー」で犯人と握手! ぶっ飛びタクシー会社三和交通のぶっ飛びツアーに参加してきた(1/3 ページ)

三和交通今回もマジやばい。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 「心霊スポット巡礼ツアー」(関連記事)や「SPタクシー、忍者タクシー」(関連記事)といった新しいタクシー乗車体験を次々と世に送り出している三和交通が今度は「三億円事件ツアーリターンズ」をやるというので、乗車体験をしてきました。やっぱり三和交通はタダモノではなかった。犯人と、あのモンタージュ写真の犯人と、握手してきたぞー!

三億円事件 ツアー 三和交通 モンタージュ写真 犯人 記念撮影 犯人と一緒に記念撮影!うぇーい!

 三和交通の「三億円事件ツアーリターンズ」では、犯行現場となった東京都府中周辺で、解説を交えながら犯人が通ったルートを案内してくれます。2016年に開催され大人気だったものを限定復活。2018年11月12日〜12月10日の毎週月曜日5回のみ運行します。ですが残念、既に満員だそうです。

 そんな希少なツアーを体験してきました。ツアーを楽しむ前に、まずはどんな事件だったのかおさらいしておきましょう。事件に詳しいほうが、より楽しめるツアーだそうですよ。

三億円事件 ツアー 三和交通 府中営業所 タクシーロボ 三和交通がどのくらいぶっ飛んでいるかというと、営業所に“ロボットのタクシー”が置いてあることが普通に思えるくらいのぶっ飛び感です

戦後最大のミステリー「三億円事件」とは

 昭和43年(1968年)12月10日に事件は起きました。昭和43年は横須賀線電車爆破事件など、爆発物や銃を使った大きな事件が頻発していました。「爆弾の時代」が巧みに利用されたのです。

 12月10日午前9時15分。現金輸送車が日本信託銀行国分寺支店を出発します。東京芝浦電気府中工場(以下、東芝府中)の従業員4525人分のボーナスを乗せていました。この日は朝から激しい雨が振っていて、回転を速めたワイパーでもフロントガラスの雨滴をぬぐいきれないほどでした。

三億円事件 ツアー 三和交通 いらすとや 銀行 出発 現金輸送車 9時15分:現金輸送車は日本信託銀行を出発

 午前9時20分。府中刑務所にさしかかったところで、現金輸送車の運転手はバックミラーに白バイの影を視認します。白バイ警官は現金輸送車の進路を遮るように白バイを止めると、車に近づいてきて、

 「日本信託銀行の車ですね」

 と尋ねました。

三億円事件 ツアー 三和交通 いらすとや 白バイ 現金輸送車 9時20分:白バイが現金輸送車を停車させる

 「はい、そうですが」と運転手が答えると、白バイ警官はやや興奮したような口ぶりで、告げました。

 「巣鴨署から緊急連絡があり、支店長の自宅がダイナマイトで爆破されました。この車も爆弾が仕掛けられているとの連絡を受けています。車の中を見せてください」

三億円事件 ツアー 三和交通いらすとや 犯人 この車にも爆弾が仕掛けられています

 驚いた運転手が思わず、

 「昨夜、車内を点検しましたが、何もなかったです」

 と言うと、白バイ警官は、

 「それじゃ車の外を調べてみます」

 と車の下などをのぞきながら、周囲を歩き始めました。現金輸送車に乗っていた行員4人も車内外を入念に調べます。白バイ警官は単身、現金輸送車の前部にまわり、あおむけになって車体の下に頭を突っ込みました。突然、立ち上がって叫びます。

 「ダイナマイトが爆発するから逃げろ!」

三億円事件 ツアー 三和交通 いらすとや 発炎筒 現金輸送車 ボンネットの下から白い煙が吹き出しました

 行員たちが前を見ると、ボンネットの下から白い煙がものすごい勢いで噴き出していました(のちに犯人が仕掛けた発炎筒の煙と判明します)。驚いた行員たちは慌てて後方へ避難。ところが、白バイ警官は現金輸送車に乗り込み、猛スピードで走り去りました。わずか3分間の出来事でした(以下、この場所を第1現場と呼びます)。

 行員の1人は、このとき「危険を回避するために身をていして車を移動するなんて、なんと勇敢な警察官だ」と思っていたそうです。

 犯人は見つかることなく、昭和50年(1975年)12月10日に事件は時効を迎えました。

三億円事件 ツアー 三和交通 いらすとや 悪の組織 犯人は見つかっていません

日本信託銀行を出発! 現金輸送車のルートをたどる

 さて、話を三億円ツアーに戻しましょう。案内人は山口繁運転手(29歳・仮名)。三億円事件発生当時は生まれていない平成生まれ、イケメンボイスの持ち主です。このツアー、お客さんも三億円事件当時は生まれていない世代である30歳代男性が多いそうです。

三億円事件 ツアー 三和交通 山口繁 運転手 タクシー 本日の案内人・山口繁運転手(本人希望により仮名)

 ツアーは東京・国分寺駅北口から出発します。最初に尋ねたのは、かつて日本信託銀行があった場所。2018年11月現在は1階がドコモショップ、2階はダイソーです。3億円なんて運び出すからには特別な銀行なのかと思っていましたが、普通の銀行がありそうな立地です。毎月、毎月、ここから大金を運び出していたんですなあ。

三億円事件 ツアー 三和交通 日本信託銀行 ダイソー ドコモショップ 日本信託銀行があった場所。駅前で人通りも多い

 山口運転手が事件当日のことを教えてくれます。現金輸送車が東芝府中へ行くためのルートは2種類あり、どちらを走るのかは事前には分かりません。そのため、犯人は事件当日、緑色のカローラで現金輸送車の前を走っていたと考えられています。

 というのも、現金輸送車が通るルートをショートカットする脇道沿いに空き地があり、事件発生前に緑色のトヨタ・カローラとシートカバーをかぶせられたオートバイが置いてあったことを近所の主婦らが目撃しています。そのため、現金輸送車の前を緑色のカローラで走りルートを確認、交差点からわき道に入り、空き地でカローラから白バイに乗り換え、第1現場へ向かったと考えられているのです。

 事件当時は交差点から脇道に入れましたが、現在は進入禁止になっています。

三億円事件 ツアー 三和交通 第3現場 交差点 右前方向に行くと、カローラが乗り捨ててあった空き地があります

三億円事件 ツアー 三和交通 第3現場 地図 現金輸送車の通るルートをショートカットしながら白バイに乗り換えたらしい

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」