ニュース
» 2018年11月27日 19時05分 公開

現行モデルの集大成 ランボルギーニ「SC18 アルストン」発表 レース部門「スクアドラ・コルセ」初のワンオフモデル (1/2)

レース用マシンの良いとこ取り。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 イタリアの自動車メーカー「ランボルギーニ」が抱えるレース部門「スクアドラ・コルセ」が、初となるワンオフモデル「SC18 アルストン」を発表しました。

ランボルギーニ スクアドラ・コルセ Alston アルストン ワンオフ 新型 ランボルギーニ傘下スクアドラ・コルセ初のワンオフモデル「ランボルギーニ SC18 アルストン」

 ランボルギーニが史上最速の市販車として発売した「アヴェンタドールSVJ」をベースに開発されたアルストンには、6.5リッターV型12気筒エンジンが搭載されており、最高出力は770馬力。全高1.09メートルというフラットボディはカーボンファイバー製で、超軽量素材と組み合わせて軽量化を図っています。

ランボルギーニ スクアドラ・コルセ Alston アルストン ワンオフ 新型 灰色のカーボンボディに赤と黒の色使いで鮮烈な印象を与えるデザイン

 これまでにランボルギーニが蓄積してきたレース経験を元に、専用のエアロダイナミクスが開発され、このアルストンのためだけに製造されました。レース用マシン「ウラカン GT3 EVO」のようなエアインテーク、「ウラカン スーパートロフェオ EVO」のようなフェンダーやフィン、エアスクープを持つなど、ランボルギーニのレースマシンの集大成と言えそうな仕上がりです。

ランボルギーニ スクアドラ・コルセ Alston アルストン ワンオフ 新型 レース用として開発されているものの、公道走行も可能なのだとか

 アルストンはサーキットで使用することを想定した作りとなっていますが、公道走行も可能とのこと。ワンオフマシンということで、いくら欲しいと願っても買うことはできませんが、レースやイベントなどで見る機会があると期待したいですね。

春山優花里@haruYasy.

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.