ニュース
» 2018年11月28日 13時25分 公開

おぉぉあの「WRブルー」が選べる! スバル自動車製造60周年記念の「特別レヴォーグ」がかっけぇぇ (1/2)

やっぱりこの色は「っぽくて」好き。

[agar,ねとらぼ]

 SUBARU(スバル)は11月27日、ステーションワゴン「レヴォーグ」の特別仕様車「1.6GT EyeSight V-SPORT」を発表しました。2019年1月15日に発売、価格は307万8000円(税込)からです。

レヴォーグ 1.6GT EyeSight V-SPORT レヴォーグ 1.6GT EyeSight V-SPORT(写真:SUBARU、以下同)

 1990年代に盛り上がったステーションワゴンブームの火付け役となった1台に「レガシィ ツーリングワゴン」がありました。しかしこの車種は4代目、5代目と北米などの海外市場の要望を受けて大型化された結果、日本の道路事情に少し合わなくなってきてしまいます。レヴォーグは、そんな日本ユーザーと日本の道路事情に見合った取り回しやすいツーリングワゴンとして2014年にデビューしました。当初は国内専用車でしたが、後にワゴン需要が高い欧州市場にも進出しています。

 今回の特別仕様車は「SUBARU60周年記念特別仕様車」と銘打たれていますが、富士重工業(現SUBARU)の創業は1953年。詳しい方、航空機好きの人はおや? と思われるかもしれません。では何の60周年なのかと言うと、スバル初の量産自動車「スバル360」の発売から60周年、つまり自動車製造としての60周年を記念したものです。

スポーツモデルの人気カラー「WRブルー・パール」を用意 スポーツモデルの人気カラー「WRブルー・パール」を用意

 そのため、この特別仕様車には気合いが感じられます。車体は「1.6GT EyeSight」をベースに、ビルシュタイン製ダンパー、ブラック塗装の18インチアルミホイールなどを装備します。内装にもアルミパッド付きスポーツペダルを採用し、スポーティな仕様に仕上げました。

 そしてボディーカラーには、世界ラリー選手権(WRC)のイメージとともにスバルのスポーツモデルで定番の人気カラー「WRブルー・パール」を用意します。レヴォーグの通常モデルでは、スポーツグレードの「1.6STI Sport EyeSight」または「2.0STI Sport EyeSight」のみで選択できるカラーですが、「GTグレードの顔でWRブルー」という組み合わせはこの特別仕様車ならではのレアな構成となります。

ビルシュタイン製ダンパーやブラック塗装の18インチアルミホイールを装備 ビルシュタイン製ダンパーやブラック塗装の18インチアルミホイールを装備
レヴォーグ 1.6GT EyeSight V-SPORTの価格 レヴォーグ 1.6GT EyeSight V-SPORTの価格
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン