ニュース
» 2018年11月28日 13時25分 公開

おぉぉあの「WRブルー」が選べる! スバル自動車製造60周年記念の「特別レヴォーグ」がかっけぇぇ(1/2 ページ)

やっぱりこの色は「っぽくて」好き。

[agar,ねとらぼ]

 SUBARU(スバル)は11月27日、ステーションワゴン「レヴォーグ」の特別仕様車「1.6GT EyeSight V-SPORT」を発表しました。2019年1月15日に発売、価格は307万8000円(税込)からです。

レヴォーグ 1.6GT EyeSight V-SPORT レヴォーグ 1.6GT EyeSight V-SPORT(写真:SUBARU、以下同)

 1990年代に盛り上がったステーションワゴンブームの火付け役となった1台に「レガシィ ツーリングワゴン」がありました。しかしこの車種は4代目、5代目と北米などの海外市場の要望を受けて大型化された結果、日本の道路事情に少し合わなくなってきてしまいます。レヴォーグは、そんな日本ユーザーと日本の道路事情に見合った取り回しやすいツーリングワゴンとして2014年にデビューしました。当初は国内専用車でしたが、後にワゴン需要が高い欧州市場にも進出しています。

 今回の特別仕様車は「SUBARU60周年記念特別仕様車」と銘打たれていますが、富士重工業(現SUBARU)の創業は1953年。詳しい方、航空機好きの人はおや? と思われるかもしれません。では何の60周年なのかと言うと、スバル初の量産自動車「スバル360」の発売から60周年、つまり自動車製造としての60周年を記念したものです。

スポーツモデルの人気カラー「WRブルー・パール」を用意 スポーツモデルの人気カラー「WRブルー・パール」を用意

 そのため、この特別仕様車には気合いが感じられます。車体は「1.6GT EyeSight」をベースに、ビルシュタイン製ダンパー、ブラック塗装の18インチアルミホイールなどを装備します。内装にもアルミパッド付きスポーツペダルを採用し、スポーティな仕様に仕上げました。

 そしてボディーカラーには、世界ラリー選手権(WRC)のイメージとともにスバルのスポーツモデルで定番の人気カラー「WRブルー・パール」を用意します。レヴォーグの通常モデルでは、スポーツグレードの「1.6STI Sport EyeSight」または「2.0STI Sport EyeSight」のみで選択できるカラーですが、「GTグレードの顔でWRブルー」という組み合わせはこの特別仕様車ならではのレアな構成となります。

ビルシュタイン製ダンパーやブラック塗装の18インチアルミホイールを装備 ビルシュタイン製ダンパーやブラック塗装の18インチアルミホイールを装備
レヴォーグ 1.6GT EyeSight V-SPORTの価格 レヴォーグ 1.6GT EyeSight V-SPORTの価格
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/07/news100.jpg スタバやドトールの「コーヒー1杯の値段に対する気持ち」を表した図に共感の声 味にこだわらない人はこう思ってる?
  2. /nl/articles/1705/18/news140.jpg 「秋頃に母になる予定です」 元競泳選手・田中雅美、再婚&妊娠を報告
  3. /nl/articles/1911/28/news078.jpg 「10代には見えない」「オーラが違います!」 アンミカ、約30年前の“バブリーショット”が圧倒的な大人っぽさ
  4. /nl/articles/2105/08/news035.jpg 「良い味出してる」「すんごい欲しい」 目を離したら「うわぁっ!」っとなるカップ麺の蓋ストッパーが話題に
  5. /nl/articles/2105/08/news004.jpg 猫がお風呂で熱心に湯もみをするワケは…… お湯をペロッとする姿に「楽しそう」「かわいすぎる」の声
  6. /nl/articles/2105/07/news106.jpg ジョージ・クルーニーの行き過ぎブラピ愛「食べているだけで最高なんだ」 チャリティー寸劇が「笑い死ぬ」「映画を作って」と反響
  7. /nl/articles/2105/08/news007.jpg 「好きです」「彼女に立候補します」アピールし続けて2年 押しが強い女の子がかわいい漫画にキュンとなる
  8. /nl/articles/2105/07/news093.jpg 千原ジュニア、所ジョージの贈り物に感激「こんな素敵な歳の貰い方したい」 粋な心遣いに「全てがカッコいい」と称賛の声も
  9. /nl/articles/2105/03/news021.jpg 賀来賢人、写真週刊誌による“子どもの盗撮”に警告 「私は本当に怒ります」「もうやめてくれませんか?」
  10. /nl/articles/2011/13/news037.jpg 【漫画】「アレクサ!! ゲゲゲのチョク(曲)かけてっ」 子どものリクエストにアレクサが応えた結果が予想外