ニュース
» 2018年11月28日 18時20分 公開

「アニメ産業レポート」2018年度版発売 アニメ関連市場が初の総額2兆円突破

2兆円かあ。

[ねとらぼ]

 日本動画協会が2018年度版「アニメ産業レポート」を12月4日に発売します。価格は1万800円。同レポートはアニメ産業にまつわる調査結果をまとめたもので、2009年より刊行されているもの。


「アニメ産業レポート」2018年度版発売 アニメ関連市場が初の総額2兆円突破

 2018年度版によると、アニメ関連市場は総額2兆1527億円(前年比108.1%)となり、史上初めて2兆円を突破すると共に、5年連続での最高値を記録しました。最大の要因は2015年から一気に伸びている海外市場(前年比129.6%)。中国の大手ネットプラットフォームや、Amazon、Netflixなどに対する作品販売が大きなシェアをしめていると推計されています。

日本動画協会によると「昨年アニメ産業の売上(広義)が2兆円を突破したと発表しましたが、実際は1兆9923億円でした」「コンサート関連のデータの提供をいただいている、ぴあ株式会社の調査に誤りがあり、その引用により数値に誤りが生じました」とのこと。


「アニメ産業レポート」2018年度版発売 アニメ関連市場が初の総額2兆円突破

 国内市場は2015年から3年連続で緩やかな後退。しかし集計に含まれないスマートフォンゲームやデジタル商品化の加算が可能であれば「おそらくはプラスに転じるはずである」と分析されています。

 同書はエスピーアイ・インフォメーションで通信販売されるほか、秋葉原UDX2階の「AKIBA INFO.×TOKYO ATOM - INFORMATION&SHOP -」京都国際マンガミュージアムのショップでも販売予定。

 12月5日には購入者と、「アニメビジネス・パートナーズフォーラム」会員を対象とした刊行記念セミナーを六本木アークヒルズで予定。登壇者には増田弘道さんをはじめとする執筆陣のほか、ゲストとしてミクシィグループのアニメスタジオXFLAG PICTURESプロデューサーの猪子敏行さんも登壇予定となっています。

2018年度版「アニメ産業レポート」

掲載概要: 

(1)2017年アニメ産業総括  

  ※市場動向概観 / 企業動向概観

(2)各分野解説

  ※アニメ映像流通市場

   (TVアニメ / 劇場アニメ / ビデオパッケージ / ネット配信)

   アニメ商品化第二次利用 / 広告・販促プロモーション /アニメ音楽 / ライブエンタテイメント

(3)海外動向

  ※世界の中の日本のアニメ

(4)寄稿

  「働き方改革」は「創り方改革」

(付録)2017年アニメ全作品 年間パーフェクト・データ ※TV、劇場、OVA

(資料)日本のアニメ市場の推移/日本のアニメ業界・アニメ市場の近年の動向/

    日本のアニメの海外展開/日本のアニメ制作会社の分布

 

著者: 

増田弘道 / アニメ産業研究家、株式会社ビデオマーケット 常勤監査役

数土直志 / ジャーナリスト、日本経済大学大学院エンターテインメントビジネス研究所特任教授

陸川和男 / 株式会社キャラクター・データバンク 代表取締役社長

     一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会 専務理事

森祐治  / 株式会社電通コンサルティング 代表取締役社長シニア・ディレクター

     亜細亜大学都市創造学部  特任教授

伊藤直史 / 株式会社アサツー ディ・ケイ コンテンツ本部コンテンツ戦略室長

亀山泰夫 / 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科研究員

      一般社団法人CiP協議会事務局シニアディレクター

原口正宏 / リスト制作委員会 ※アニメ全作品 年間パーフェクト・データ      ※敬称略、順不同

名称:「アニメ産業レポート2018」刊行記念セミナー

日時:2018年12月5日 16時〜18時予定 (開場 15時30分)

会場:六本木アークヒルズ(東京都港区六本木)ジェトロ 5F展示場

登壇者:増田弘道 他 執筆陣

ゲスト登壇者:猪子敏行(株式会社ミクシィデジタルエンターテインメント事業本部IP 開発室 室長 兼 XFLAG PICTURES プロデューサー)

募集人数:100人(予定) ※申込先着順

参加方法:本誌購入が必須。下記の参加申込を事前に行ってください。 

※当日、入場時に本誌を提示する必要があります。当日受付でも購入可能。

※当日場内販売のみ特別価格:9700円にて購入可能。

申込締切:12月4日12時

申込方法:専用フォームから申込

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」