レビュー
» 2018年11月29日 12時00分 公開

47年ありがとう「6000系」 「東京メトロ綾瀬基地」イベントに潜入、あの名車・設備の裏側大公開 (1/3)

東京メトロの「メトロファミリーパーク in AYASE 2018」へ行ってきました。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 2018年11月11日、東京メトロ千代田線を約半世紀、47年間走り続けた「東京メトロ(営団)6000系電車(以下、6000系)」が引退しました。長く活躍し、多くの人に愛されたことから、引退までの1カ月間は特別な運転スケジュールが組まれ、また最終日の11月11日は綾瀬駅に別れを惜しむファンが大勢訪れたほどでした。

 あぁぁ、もう一度6000系を見たい……。そんな人のために(?)、いやいや、それだけではない鉄道ファンやその家族、近隣住民などに向けて施設を一般公開する広報イベント「メトロファミリーパーク in AYASE 2018」が2018年11月18日に行われました。

車両2台 巨大な綾瀬車両基地にいざ潜入!

 普段利用する身近な公共交通機関の裏側とは。あの広大な施設には何があり、どんなことが行われているのか。整備工場の設備や作業、そして引退したあの車両を間近で愛でてきました。

「車両展示会場」に千代田線の歴代車両がそろい踏み

 東京メトロ千代田線・北綾瀬駅(東京都足立区)の近くに「東京メトロ綾瀬車両基地(以下、綾瀬車両基地)」があります。綾瀬車両基地は「千代田線」と、有楽町線、副都心線、南北線を管理する車両基地(綾瀬車検区)および車両工場(綾瀬工場)を総称した拠点。担当路線の多さとともに、敷地面積14万1810平方メートルと東京メトロの車両基地の中でも最大規模を誇ります。

綾瀬車両基地 綾瀬車両基地、広い!

綾瀬車両基地その2 基地内には電車が留置される線路、整備ピットとそれにつながる線路、整備した車両をチェックする試運転線など、さまざまな線路が枝葉のように敷かれている

 入っていきなり歴代の車両がズラリ並んだ「車両展示会場」が涙もの! つい先日、現役を引退した6000系には「47年間ありがとう」の特別エンブレムとリボンが掛けられていました。

展示会場 車両展示会場の様子。左から「千代田線5000系」「千代田線6000系」「有楽町・副都心線7000系」

 左端は展示車両の中で最も古い「千代田線5000系(営団5000系電車)」。1969年の千代田線開業とともにデビューした歴史のある車両で、東西線などでも同型車が使用されました。そのクラシックなスタイルに渋い魅力があります。

千代田線5000系 千代田線5000系

 その隣が「千代田線6000系」です。

 5000系に比べると車両前面の見た目からかなり違ったのですね。先頭車両の非常扉が、5000系の真ん中から、6000系は進行方向の右側にオフセットされています。その分運転席がやや広く、大きく見やすそうな一枚窓で構成しています。

 また車体の素材も、5000系の鋼鉄に対し、6000系はアルミ合金を本格導入し、以降に製造された車両の標準型となった車両でした。また、回生ブレーキとチョッパ制御方式を世界ではじめて採用した省エネルギー車両でもありました。

千代田線6000系 千代田線6000系。帝都高速度交通営団(東京メトロの前身)のロゴがまた泣ける

千代田線6000系真横 真横から見た6000系。先頭は「くの字」に曲がっています

 最後は千代田線で2018年現在活躍する現役車両「千代田線16000系」。2010年に営業運転を開始しました。前面がより丸みを帯びたデザインとなっています。6000系に比べて前面のガラスの割合も増え、運転席からの視認性はさらに良くなったそうです。

千代田線16000系 千代田線の最新車両「16000系」。千代田線車両の「緑」のカラーは従来より明るめなグリーンに

 ガラスといえば16000系は客室にも幾つかの「透明」が。座席の端にある袖仕切りや仕切り扉、頭上の荷棚などにガラス素材を用いて、圧迫感を軽減する工夫を設けています。

内装 16000系の内装。袖仕切りにガラス素材を使い、圧迫感を軽減してくれます

内装2 頭上の荷棚も透明

内装3 通路の仕切り扉も全面ガラス扉。見通しがよいので、車内の圧迫感がかなり減る

車両は「ガソリンスタンド洗車機の親分のような機械」で日々洗車されている

 続いてそんな16000系を使って行われたのが「車両洗浄乗車体験」です。毎日酷使される地下鉄がきれいで、安心して使えるのはなぜでしょう。もちろんですが、日々洗浄されているからですね。これだけの規模ものを「きれいに保つ」のは、とても大変なこと。詳しくは大掛かりな手洗い洗車の様子も見学した「東西線深川車両基地」に潜入した様子もご覧ください。

 では巨大な「機械式洗車機」までレッツゴー。

自動洗浄機 鉄道車両用の「機械式洗車機」。仕組みはガソリンスタンドの洗車機と大きくは変わらないが、設備は固定式で、洗う物体相応に巨大。機械式だけでなく、数営業日おきに内装や細かいところまで実施する手荒い洗車も行っている

 洗車機はレールを挟むように配置されています。ガソリンスタンドの洗車機は機械が動きますが、鉄道用のそれは車両がゆっくり通過することでブワァァァァと洗われる仕組みです。

始動時 車両が入るとブラシが回転して水が出る

 今回は洗浄中の様子を車内から見学できました。車両は時速5キロ以下の定速で進入。側面のブラシが始動しつつ水を噴射。「グワングワングワン!」と大きな音を立てながら、壁面や窓ガラスを清掃します。洗車時間は1編成当たり5分ほど。終わってみると電車はすっかりきれいになっていました。

内部2 洗車中の車内から。ブワァァァ、グワングワングワン……おぉぉぉ、デカいブラシが窓に迫り、バチバチ当たるのを目の当たりした新体験

内部1 雨上がり後のようなスッキリ感

photo (参考)基地内の洗浄線へ入線し、手洗い洗車されている東西線15000系電車
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.