ニュース
» 2018年11月29日 11時00分 公開

えっ、これ市販車なの!? トヨタが大人セダンをガツンとチューン「カムリTRD」爆誕 (1/2)

ちょっとワルそう、でも超速そう。

[agar,ねとらぼ]

 トヨタ自動車の米国法人が、上級セダン「アバロン」と「カムリ」に、TRD(Toyota Racing Development)によるチューニングを施した「アバロンTRD」「カムリTRD」を発売すると発表しました。いずれも2019年秋に発売予定です。

左から、「カムリTRD」「アバロンTRD」 左から、「カムリTRD」「アバロンTRD」(写真:トヨタ自動車、以下同)

 アバロンは北米市場におけるトヨタのフラッグシップと位置付ける高級セダン。カムリも北米市場で主力車種の1つである上級セダンです。カムリは国内でもハイブリッド専用車として販売され、2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーに選ばれるほどに評価を得ています。

 一見するとTRDチューンのスポーツカーのイメージとは懸け離れているように思える上級系セダンの両車種ですが、北米トヨタによれば、アグレッシブなデザインへと大胆にチェンジした9代目カムリの発売以降、スポーツグレードである「SE」「XSE」の販売比率が高まっていると言います。この声に応えたTRDチューン車なのだそうです。

エアロパーツやリアスポイラーを装備、スポーティな外観に エアロパーツやリアスポイラーを装備、スポーティな外観に(カムリTRD)

 アバロンTRDとカムリTRDは、最大301馬力を発生する3.5リッターV6エンジンを搭載。トランスミッションは8速ATで、スポーツモードとパドルシフトを備えます。

 専用のエアロパーツやリアスポイラーを装備したスポーティな外観はもちろんのこと、高級セダンの大柄な車体を受け止める足回りやブレーキもガツンと強化。シャシーもスポーツ走行を想定して改良された専用品とのことで、トヨタの東富士研究所やアリゾナのテストコースで試験走行を重ねて走行性能を突き詰めているそうです。

 東富士研究所という単語が出るとル・マンとか先端技術のイメージも沸いてきますが、そこまで気合いを入れた仕様ということでしょう。日本での販売もあることに期待しましょう!

フロントフェイスも迫力のある顔付き フロントフェイスも迫力のある顔付き(アバロンTRD)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.