ニュース
» 2018年11月29日 13時46分 公開

か、かっこよくなった……? 「プリウス」がデザインチェンジ、2019年モデル登場 (1/2)

“怖い目”じゃなくなった!

[agar,ねとらぼ]

 トヨタ自動車は11月28日、ハイブリッド車「プリウス」の2019年モデルを米国で発表しました。

「プリウス」2019年モデル/北米仕様 「プリウス」2019年モデル/北米仕様(写真:トヨタ自動車、以下同)

 プリウス2019年モデルは、4代目プリウスのマイナーチェンジ版。デザインがかなり変わります。特徴的なヘッドライトがブーメラン型のシンプルな形状に変わり、リアも同様にライト形状を中心に変更されます。

 内装も新たに、プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」と同等の大型ディスプレイをインストルメントパネルに組み込んだ構成になりました。

ヘッドライト、テールライトのデザインを変更 ヘッドライト、テールライトのデザインを変更
ヘッドライト、テールライトのデザインを変更 (参考)現行プリウス(日本仕様)
photo (参考)カローラ スポーツ
photo (参考)専門スクール生が考案した「プリウス」の擬人化キャラクター。「20代、優等生で真面目な性格」

 性能面では、AWD機構に従来の「E-Four」に代わる新システム「AWD-e」を採用したのがトピックの1つです。AWD-eは、従来と同じ前輪はエンジンとモーターのハイブリッド駆動、後輪は必要に応じてモーターで駆動する全輪駆動の仕組みに、トヨタ初の電気式マグネットレスリアモーターを組み合わせて構成したシステム。E-Fourに対し「全輪駆動のために燃費を犠牲にしない」が大きなメリットです。フーフキャリアを装着した雪道の広報写真から、「こういった道でもかなりいけるよ」と自信があることも伺えます。

 ともあれプリウスの2019年モデルは、“怖い目”から少し柔和な顔つきになり、リアもほどよく落ち着いたデザインになりました。皆さんはどう感じたでしょうか。

新型電動4WDシステム「AWD-e」を採用 新型電動4WDシステム「AWD-e」を採用
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.