ニュース
» 2018年11月29日 13時46分 公開

か、かっこよくなった……? 「プリウス」がデザインチェンジ、2019年モデル登場 (1/2)

“怖い目”じゃなくなった!

[agar,ねとらぼ]

 トヨタ自動車は11月28日、ハイブリッド車「プリウス」の2019年モデルを米国で発表しました。

「プリウス」2019年モデル/北米仕様 「プリウス」2019年モデル/北米仕様(写真:トヨタ自動車、以下同)

 プリウス2019年モデルは、4代目プリウスのマイナーチェンジ版。デザインがかなり変わります。特徴的なヘッドライトがブーメラン型のシンプルな形状に変わり、リアも同様にライト形状を中心に変更されます。

 内装も新たに、プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」と同等の大型ディスプレイをインストルメントパネルに組み込んだ構成になりました。

ヘッドライト、テールライトのデザインを変更 ヘッドライト、テールライトのデザインを変更
ヘッドライト、テールライトのデザインを変更 (参考)現行プリウス(日本仕様)
photo (参考)カローラ スポーツ
photo (参考)専門スクール生が考案した「プリウス」の擬人化キャラクター。「20代、優等生で真面目な性格」

 性能面では、AWD機構に従来の「E-Four」に代わる新システム「AWD-e」を採用したのがトピックの1つです。AWD-eは、従来と同じ前輪はエンジンとモーターのハイブリッド駆動、後輪は必要に応じてモーターで駆動する全輪駆動の仕組みに、トヨタ初の電気式マグネットレスリアモーターを組み合わせて構成したシステム。E-Fourに対し「全輪駆動のために燃費を犠牲にしない」が大きなメリットです。フーフキャリアを装着した雪道の広報写真から、「こういった道でもかなりいけるよ」と自信があることも伺えます。

 ともあれプリウスの2019年モデルは、“怖い目”から少し柔和な顔つきになり、リアもほどよく落ち着いたデザインになりました。皆さんはどう感じたでしょうか。

新型電動4WDシステム「AWD-e」を採用 新型電動4WDシステム「AWD-e」を採用
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」