ニュース
» 2018年11月30日 12時00分 公開

「天才とはイっちゃってる人」「プロは思考を言語化しない」 『アオアシ』小林有吾×棋士・広瀬章人が語る、自分の世界を広げる方法(4/6 ページ)

[杉本吏,ねとらぼ]

育成年代における練習の考え方


――アオアシでは、本番である試合のシーンと同じくらい、日々の「練習」のシーンが象徴的に描かれています。

小林:そうですね。夜練(夜間練習)とか、ずっとやってますからね。実際のユースの選手は、オーバーワークにもなるのであれほどやるということはないと思いますが、夜練自体がどうこうというよりも気持ちの強さを描いているつもりです。どんな手を使ってでも身に付けたい、という気持ちを表現するために。

広瀬:門限破ってるのに、途中からは監督まで手伝ってますもんね(笑)。憧れの福田監督(※)からアドバイスをもらえて、みんなうれしそうですし。


福田達也

主人公のアシトが所属するユースチームの若き指導者。元は同クラブのプレイヤーで、海外移籍し日本代表でも活躍したレジェンド。人を惹き付けるカリスマ性があり、鋭すぎてたまにちょっと怖い。


――あれは将棋で言うと、羽生さんが奨励会員に「こうやったほうがいいんじゃないか」とか教えてくれるのと同じようなことなのでは?

小林:それはいいなあ!(笑) 自分で描いたものだけど、いいなあと思ってしまった……。将棋の世界で夜練みたいなことはありますか?

広瀬:昔は泊りがけの奨励会旅行っていうのがあったんですよ。そのときは将棋やらなんやら、夜通しでやってましたね。

 他には、昔はプロの将棋の記録係をやっていて終電がなくなると、その場に残るしかないんですけど、始発が出るまで1手10秒の将棋をひたすら指したりもしてましたね。

小林:みんなでやるほうが効率はいいですか?

広瀬:相手のいる実戦は、プロになる前の年代だと重要ですね。実戦を積み重ねることで大局観、実戦感覚を養えるので。

 昔は先輩棋士が、将棋連盟に暇そうな奨励会員がいたら声を掛けて、10秒将棋を指すこともありました。ぶつかり稽古ですね。世代によって感覚の違いもあるので、先輩棋士としても学べることがあって。

小林:アオアシでも他のメンバーがアシトの練習に付き合いますが、あれってアシトのためにやってるんじゃないですよね。みんなプロになりたいから、得られるものがあると思ってやってるはずなんで。僕も同じ状況だったらそうするかなと思いますね。

 アシトが冨樫に教えるシーンとかがまさにそうで、人に教えるのって難しいんですよね。自分に分かるように、自分に説明するように(他人に)説明する、っていう感じなんで。



――上達するにあたっては、スマホなどのデジタルデバイスの進化による恩恵も大きいみたいですね。

小林:あるユースクラブでは、練習試合を全て撮影していて、その日のうちにタブレットを使ってプレイ内容を確認できるようにしていました。

 ここ数年サッカーのレベルが飛躍的に上がったと言われているのも、やっぱりYouTubeの存在が大きくて、どこかのチームが新しい戦術を考えると、それが全世界にあっという間に広がって、その対応策が出てきて、またそれが広まって……というのが早いペースで繰り返されているから。

広瀬:将棋も、重要な対局はリアルタイムでネット中継されるようになって、だいぶ環境が変わりましたね。


将棋とサッカー、それぞれの楽しみ方


――広瀬八段が、アオアシで一番印象に残っているシーンを教えてください。

広瀬:そうですね、シーンとしてはやっぱりあの……。


(本パートはアオアシ本編の重大なネタバレを含むので、次ページ以降でご確認ください)


――それでは最後に、お二人が考える将棋とサッカーそれぞれの楽しみ方を。

広瀬:将棋は、最近はいろんなコンテンツで対局風景を見てもらう機会が増えました。それこそサッカーを見るような感覚で中継を見てほしいです。技術的なものは分からなくても、着ているものやおやつなど、ファンの方には自由に盛り上がってもらえているので。サッカーは、選手たちが連動して動いているのを見ると楽しいので、そこを自分は特に楽しんでいます。

小林:将棋もサッカーも単純で簡単で、分かりやすいと思うんですよね。単純明快だから多くの人に受け入れられている。すごく身近にあるものだと思うんですよ。将棋なんかぜひやってみてほしい。ハマれる人はすぐハマれる、敷居がそんなに高くないものだとおもうので、ぜひやってみてほしいです。


対談を終えた広瀬八段。小林さんが描かれた似顔絵色紙とともに
対談後には二人による対局も行われた。結果は……?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声