ニュース
» 2018年11月30日 12時00分 公開

「天才とはイっちゃってる人」「プロは思考を言語化しない」 『アオアシ』小林有吾×棋士・広瀬章人が語る、自分の世界を広げる方法 (6/6)

[杉本吏,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

よく見ているキャラをよく見ている


――広瀬さんは、アオアシで好きなキャラは。

広瀬:主人公のアシトと同期の、遊馬くんが好きですね。おちゃらけてるのに周りをよく見てるところがいいなと思います。

小林:はー、遊馬ですか。よく見てますね。よく見てる遊馬をよく見てますね(笑)。



広瀬:まだ、そこまで話に出てきているわけでもないと思うんですけど、周りを生かせるFWに思えて。自分でも点が取れるし周りのアシストもできて、自分の好きなタイプの選手かなと今は思います。

小林:遊馬は、そんなに必死感がないですよね。余裕に見えますよね。でも、彼もお話に描かれてないところで相当やってるんだと思います。

広瀬:遊馬は高校の入学当初からAチームに入りますけど、実際のユースでもそういうことはあるんですかね?

小林:珍しいですけど、ありますよね。(現日本代表の)柴崎岳さんなんかは、サッカーの名門である青森山田校で、中学生のころから高校のチームでやってたので。そういう規格外の天才がいるのがあの年代での世界かなと。

広瀬:人間関係とかも、いろいろあるんだろうなあと思いながら見てます。

小林:アシトが主人公だから明るく見えてますけど、いろいろあると思います。アシトから見えてるのは一面なので。


“すごい後輩”にどう向き合うか?


――小林さんは、キャラ作りというのはどういう風に設定しているんですか?

小林:そうですね……難しいな。モデルっていうのがなくて、全部自分の中から、なんですよね。いろんな人間を見てきて、自分の中に入ってる、いろんな人格が漫画を描くときに出てくる。

 あ、でも女性キャラクターだけは自分の理想ですね(笑)。こういう人がいればいいな、って。そういう執念があればいいキャラになるかな。

――阿久津(※)についてはどうでしょう。


阿久津渚

アシトと同じユースチームに所属する先輩。実力は折り紙付きだが、ことあるごとにアシトをいびる。いつも怖い。


小林:あいつがいるからイヤな世界にならない、っていう。あいつが一手に悪を引き受けてくれてるので。他の先輩たちは意外とみんないいやつ、というのが安心して見てられるところなんじゃないかな。ユースのおぞましい部分を引き受けてくれる役目。こいつを倒すまでは見届けたい、と思わせたいですね。

 (後輩いびりをする)阿久津で思い出したんですけど、僕自身は後輩の漫画家とかですごい人が出てくると、話したいほうなんですよ。

広瀬:アシトタイプですね。

小林:そうか(笑)。それで話を聞いて、くそーとかは思わない。その人がどんなことを考えているか聞いて、自分ももっと良い漫画を描きたいと思う。広瀬さんはどうですか?

広瀬:これは自分で言うのも変なんですけど、自分はたぶん「そう思われるほう」だったんですよね。

 先ほど話に出た渡辺明さんなんかもそうですけど、将棋界では何年かに一度、「こいつにはかなわない」とか「こいつだけは負かしてやろう」とか思われる人が出てくる。昔は「谷川先生(※)を倒す会」があったほど。今はそこまではないですけど。自分も早く上のクラスに上がってくれと言われたことはありましたね。

谷川浩司九段

中学生棋士としてデビューし、21歳で史上最年少の名人となった大棋士。現在もその記録は破られていない。十七世名人資格保持者。



アオアシで描きたかったもの


広瀬:ユースの現場を取材されて、どこに一番興味をもって、漫画にしたいなと思ったのでしょうか。

小林:実際のユースの子たちを見て思ったのは――これはあまりおもしろい答えじゃないかもしれないんですけど――ゆとりがあるように見えたんですよ。いい設備があって、みんなうまくて。高校サッカーのほうがガツガツしてるのかなと思う。

広瀬:作中でも描かれていますね。



小林:日本のユースって、一度入ると3年間はほぼ確実に面倒を見てくれるんですよ。途中で見込みがないと分かったとしても。でも、これがヨーロッパ(のユース)だと、学年の途中でも首を切られるんですよね。だからもっと必死で。

 高校の子たちからしたら、絶対負けたくないと思ってるでしょうね。自分なら思います。もちろん、結果的にユースの子が活躍してるという現状もあるので、それはそれで良いところがあるんでしょうけど。

 だから、アオアシに描かれてるのは、もうちょっと自分だったら、っていうのが入ってるんですよね。アオアシ読んでますと言ってくれるユースの子たちもいるので、だったらもっとこうあってくれ、という自分の気持ちが、内容に表れているんだと思います。

(了)


お知らせ

 10年前に描かれた小林有吾傑作短編を、やわらかスピリッツで期間限定公開!

 題材はなんと将棋! こちらもぜひチェックしてみてください!!

前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.