ニュース
» 2018年11月30日 15時40分 公開

みんな大好きミュシャがBunkamuraに集結 没後80年記念展示「みんなのミュシャ」

ミュシャに影響を受けたアーティストとして天野喜孝らの絵も展示!

[谷町邦子,ITmedia]

 アルフォンス・ミュシャの作品やミュシャと影響関係にある作品などを計250点以上展示する「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ―― 線の魔術」が、没後80年となる2019年の7月13日から9月29日に、Bunkamuraザ・ミュージアム(東京・渋谷)で開催されます。


みんなのミュシャ 「みんなのミュシャ」が開催されます

 19世紀末から20世紀にかけて活躍したミュシャ。装飾的に描かれた植物や、流れるような曲線が特徴的なその作品は、今なお多くの人に愛され、たくさんのアーティストに影響を与えています。


みんなのミュシャ 巻きタバコ用紙「ジョブ」のポスター。女性の渦巻く髪が特徴的

 「線の魔術」といわれる華麗なポスター作品はもちろん、日本初公開のカリカチュア(風刺画)など珍しいミュシャ初期のイラストなども展示。


みんなのミュシャ 「ツタ」日本美術の影響があると言われている。装飾パネルで一般家庭でも多く飾られた


みんなのミュシャ シャンプノワ社のノベルティカレンダーとして描かれた「黄道一二宮」

 さらに、ミュシャの作品に影響を与えた明治期の文芸誌の挿絵などジャポニズム(日本趣味)のコレクションや、ミュシャに影響を受けた1960〜70年代のアメリカ西海岸やロンドンのレコードジャケットなどのグラフィック・アート、天野喜孝をはじめとした日本のアーティストによるグラフィック・アートやイラスト、挿絵も展示されます。


みんなのミュシャ


みんなのミュシャ 『舞踏』連作「四芸術」。「四芸術」シリーズには他に『音楽』『絵画』『詩』がある

 数多くの展示で、ミュシャの秘密に迫る展覧会。あなたがまだ見たことがないミュシャに出会えるかも。また、意外なアーティストがミュシャの影響を受けているのを知り、驚くかもしれません。

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.