ニュース
» 2018年11月30日 17時35分 公開

これはかわいい!! 万葉線の名物路面電車「ドラえもんトラム」がプラレールに

車両のドアは「どこでもドア」。高岡市出身の藤子・F・不二雄先生に由来した路面電車。

[ねとらぼ]

 これはかわいい! タカラトミーから、万葉線の名物車両「ドラえもんトラム」のプラレールが登場します。2019年1月17日に発売、価格は2400円(税別)です。

photo タカラトミー プラレール「SC-06 ドラえもんトラム」

 ドラえもんトラムは、富山県高岡市と射水市を走る万葉線の名物路面電車。高岡市出身の藤子・F・不二雄先生に由来し、「2112年9月3日に誕生するドラえもんの生誕100年“前”」を記念して2012年9月に運行を開始しました。路面電車MLRV1000形(アイトラム)にブルーのラッピングを施し、前面や窓にドラえもんのキャラクターが描かれます。そして車両のドアは「どこでもドア」になっています。

photo 万葉線「ドラえもんトラム」

 プラレール「SC-06 ドラえもんトラム」はこのドラえもんトラムの特徴を忠実に再現。行先表示は「越ノ潟」です。製品化を記念し、2018年11月30日から2週間限定で、高岡駅(富山県高岡市)1階待合室でドラえもんトラムを含むプラレールジオラマを披露します。

photo ドラえもんトラム 連結したところ
photo 「どこでもドア」のデザインも忠実に再現

 また一般販売の開始を前に、12月19日に高岡市美術館地下1階フロア、および万葉線本社、高岡駅2階冨岡屋、ホテルニューオータニ高岡で先行販売されます。限定数は500個。早期入手を望むならばこの先行販売の機会もお忘れなく。

photo (参考)オトナが本気を出すとプラレールはこうなる「大阪環状線」
photo (参考)オトナが本気を出すとプラレールはこうなる「横浜駅」
photo (参考)「プラレール59年歴史で初」の進化を遂げたという新製品とは?
 (C) TOMY (C)Fujiko-Pro 万葉線株式会社商品化許諾済

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」