ニュース
» 2018年12月01日 15時45分 公開

「東映まんがまつり」が「ドラゴンボールZ(映画第一作)」以来29年ぶりに復活

まさかの復活!

[ねとらぼ]

 東映アニメーションが29年ぶりに「東映まんがまつり」を復活させます。上映ラインアップは「おしりたんてい」「爆釣バーハンター」「うちの3姉妹」「りさいくるずー」の4本立て。いずれも子どもたちに人気の作品です。


「東映まんがまつり」29年ぶり復活 まさかの復活!

 東映まんがまつり復活について、東映アニメーションの浅間陽介プロデューサーは「本当の子ども向けの映画を、映画館という空間で子どもたちみんなで楽しんでいただきたいという気持ちから」と明かし、「いろんな作品の詰まった玉手箱のような『東映まんがまつり』を、是非ゴールデンウィークにお楽しみいただければと思います」としています。


「東映まんがまつり」29年ぶり復活「東映まんがまつり」29年ぶり復活 「おしりたんてい」「爆釣バーハンター」

「東映まんがまつり」29年ぶり復活「東映まんがまつり」29年ぶり復活 「うちの3姉妹」「りさいくるずー」

プロデューサーのコメント全文

 いま本当に子ども向けのアニメ映画って少ないんじゃないかな、と感じることが多くなりました。

 今回、1960〜80年代にかけて親しまれた「東映まんがまつり」の呼称を復活させた理由としては、本当の子ども向けの映画を、映画館という空間で子どもたちみんなで楽しんでいただきたいという気持ちからです。

 いろんな作品の詰まった玉手箱のような「東映まんがまつり」を、是非ゴールデンウィークにお楽しみいただければと思います。(東映アニメーション 浅間陽介プロデューサー)


 東映まんがまつりは1967年から夏休みなどの長期休みに興行された、東映の子ども向けオムニバスタイトル。オリジナルの中〜長編アニメや、人気テレビアニメを再構成した作品、特撮作品などを同時上映していました。バラエティに富んだ作品群だったため、一口に「東映まんがまつり」といっても連想する内容は人それぞれかもしれません。

 テレビシリーズからは「キャンディ・キャンディ」、「マジンガー」シリーズ、「キン肉マン」、「ドラゴンボール」など。オリジナルの長編作品としては高畑勲監督の「太陽の王子 ホルスの大冒険」や、東映アニメーションのシンボルマークにもなっている「長靴をはいた猫」など、多くの名作が上映されてきました。。

 東映まんがまつりとしての最終興行は、1989年7月に上映された「ドラゴンボールZ」「悪魔くん」「ひみつのアッコちゃん 海だ! おばけだ!! 夏祭り」「機動刑事ジバン」。また1990年からは「東映アニメフェア」(1990年3月の興行のみ「東映アニメまつり」)に名称を変更し、そちらは2002年7月の「デジモンフロンティア 古代デジモン復活」「キン肉マンII世 マッスル人参争奪!超人大戦争」「激闘!クラッシュギアTURBO カイザバーンの挑戦!」が最後の興行となっていました。

(C)2019東映まんがまつり製作委員会 (C)トロル・ポプラ社/おしりたんてい製作委員会 (C)鈴木サバ缶/小学館・爆釣団・テレビ東京 (C)松本ぷりっつ/主婦の友社 (C)coyote



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」