ニュース
» 2018年12月03日 10時00分 公開

プリキュアのコスプレでマラソンに参加する理由とは 「なんでもできる! なんでもなれる!」を体現

陸連登録者の仮装は禁止だからと、登録を外して挑む執念。2年ぶりに神戸マラソンに参加し力走する姿が話題に。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 11月18日に開催された第8回神戸マラソンに、「HUGっと!プリキュア」の「キュアエール」にコスプレした男性が参加。2時間43分11秒、87位でゴールする力走を見せ、観衆を大いに沸かせました。


キュアエール 笑顔で力走(画像提供:とんさん)

キュアエール たくましすぎるプリキュア(画像提供:yabukiさん)

 キュアエールにふんして走ったのは、Twitterでマラソンサニー(@marathonsunny)を名乗る男性。全国各地のマラソン大会にコスプレで参加しており、特に神戸マラソンでは、毎年恒例の名物として親しまれる存在でした。


 ところが2017年、日本陸上競技連盟(陸連)に登録された競技者は、仮装での出場が禁止に。マラソンサニーさんもしかたなく、「仮装」と解釈されにくい『弱虫ペダル』のサイクルウェアで参加したそうです。それでもプリキュアの姿を楽しみにする人の期待に応えたいと、2018年は陸連登録を外れて出場したといいます。


規定 神戸マラソンの服装規定。陸連登録者はもちろん、一般参加者にも細かい禁止事項が定められている


 なぜそこまでしてコスプレで走るのか――。きっかけは東日本大震災だったとマラソンサニーさん。過去に走ったマラソンコースの町並みが、津波にのみ込まれていく映像をテレビで見て、相当なショックを受けたのだそうです。

 数年後、その町でマラソン大会が再開されると知り、被災地のために何かできればと思ったとき、浮かんだのが仮装での参加。動きやすく子どもに認知されていて、元ネタを知らない人でも笑えるように衣装を……と考えているうちに、プリキュアに決まったそうです。

 衣装は手作りで、制作期間は約1カ月。発汗を考慮して生地にはポリエステルを用いているそうです。また、肩まわりは少し大きめに、スカートはジャマにならないよう短め。小物はなくしたり落としたりしないよう、可能な限り縫い付けるなど、走りやすさを考慮して作っているとのことです。


キュアエール プリキュアは毎週欠かさず見ていて、最新作「HUGっと!プリキュア」もお気に入り。個人的な一番は「GO!プリンセスプリキュア」の「キュアフローラ」だそうです(画像提供:マラソンサニーさん)

 観衆の反応はというと、プリキュアを知る子どもたちから「プリキュアがんばれ」と応援されたり、男の子からは「男や!」と笑われたり。ノリ良く応援する中高生や、セーラームーンと勘違いする年輩の人など、老若男女からたくさんの応援をもらっているそうです。最近はネットで知られているためほかの選手も好意的で、ゴール後は一緒に記念撮影などしているのだとか。

 プリキュア以外にも、「舞鶴赤れんがハーフマラソン」を「艦これ」の衣装で、「ノーザンホースパークマラソン」を「ウマ娘」でと、各地の町おこしに助力できればという思いで走るマラソンサニーさん。今後は機会があれば、クロスカントリースキー大会など、興味を持ったことにいろいろ挑戦していきたいと語りました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」