ニュース
» 2018年12月03日 11時14分 公開

言葉にできない美しさ 楊谷寺の手水鉢を彩る“グラデーション紅葉”に「感動した」の声

12月2日まで公開していました。

[コンタケ,ねとらぼ]

 京都府長岡京市「楊谷寺」の手水鉢内に、グラデーションになった紅葉が現れ見た人を感動させています。水の中で緑、黄色、オレンジ、赤と移り変わっていっており、小さな秋が収められているかのよう。拝んでしまいそうな美しさです。




楊谷寺 手水鉢 グラデーション紅葉


楊谷寺 手水鉢 グラデーション紅葉


楊谷寺 手水鉢 グラデーション紅葉

 この写真をTwitterに投稿したのは、ちゃちゃさん(@chacha_nene_jp)。“グラデーション紅葉”の様子が3枚の写真に収められており、3万回のリツイートと10万回弱の「いいね」が集まる人気となっています。

 この拡散ぶりに楊谷寺のTwitterアカウント(@youkokuji)も反応し、「文化財なので新しいお花をいれることができないので、何か色彩がほしいと考えていた時に、お誕生日にフラワーボックスをいただことがきっかけでした」と制作のいきさつを説明しています。なお、紅葉ウイークということで、12月2日までの公開でした。



リプライ欄などでは「すごく綺麗ですね...!!」「絵に描いたよう……とは、まさにこのことですね」「緑から赤へ変わっていく中で季節感があってとてもきれい」「小さい秋、見つけた」「綺麗すぎて、どう表現するか、頭に浮かばない」「こんなもみじ饅頭が食いたい 」といった声が上がっていました。

画像提供:ちゃちゃさん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.