メディア
ニュース
» 2018年12月03日 19時00分 公開

たった3.4秒で時速100キロ! 日産「リーフ」をベースにしたスーパーEVレーシングカー「LEAF NISMO RC」誕生 (1/2)

日産「リーフ」がレース仕様にフルカスタムされる。

[agar,ねとらぼ]

 日産自動車から新型EV(電気自動車)レーシングカー「NISSAN LEAF NISMO RC」が発表されました。

NISSAN LEAF NISMO RC NISSAN LEAF NISMO RC

 LEAF NISMO RCは、市販車の「リーフ」をベースに開発。レーシングカーらしい低い流線型のフォルムに仕立てられ、オーバーフェンダーやウイングを装備して、「フォーミュラE」参戦車両と同じシルバーとブラックのカラーリングをまといます。

旧型の2倍以上の最高出力とトルクを発揮 旧型の2倍以上の最高出力とトルクを発揮

 リチウムイオンバッテリーやインバーターにはリーフと同様の技術を使いつつも、その性能は別格。ツインモーターと四輪駆動システムによって、2011年に発表された初代LEAF NISMO RCの2倍以上となる出力とトルクを発揮します。静止状態から時速100キロに到達するまでの時間は約3.4秒で、旧型のおよそ半分ほどに短縮。ランボルギーニやフェラーリなど、スーパーカーに匹敵する加速力を得ています。

(参考)市販車のスポーツグレード「リーフ NISMO」 (参考)市販車のスポーツグレード「リーフ NISMO」

 フルカーボンファイバーのレーシングモノコック構造に加えて多数の軽量部品を採用し、総重量は1220kgに抑えられたLEAF NISMO RCは6台のみ生産される予定で、各国で行われるモーターショーやイベントで展示される予定です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.