ニュース
» 2018年12月04日 09時00分 公開

なぜ作った Google Homeと魚ロボを組み合わせた結果がシュールでかわいい

インテリジェンスな魚さんです。

[宮原れい,ねとらぼ]

 魚のロボットと合体した「Google Home」がシュールすぎました。見た目と喋り方のギャップがすごい。



Google Home 魚 ロボ 合体 シュール OMMF2018 魚に日本語で呼びかける図

 投稿された動画では、完全に水揚げされた状態の“魚”に対して「明日の天気を教えて」と話しかける様子が。その光景がもうシュールですが、突然動き出して口をパクパクさせながら「明日の大垣は最高気温16度……」と流ちょうに答え始める“魚”の姿は、思わず笑ってしまうほどシュールです。めっちゃ喋るな!


Google Home 魚 ロボ 合体 シュール OMMF2018 なにも反応がないと思ったら……

Google Home 魚 ロボ 合体 シュール OMMF2018 クイッと体を動かして喋り出す魚

Google Home 魚 ロボ 合体 シュール OMMF2018 魚「明日の大垣は最高気温16度……」

 この愉快な作品は、岐阜県大垣市で開催されたものづくり展示イベント「Ogaki Mini Maker Faire 2018」で撮影されたもの。投稿したロボ先輩(@3rd_factory_ro)さんによると、制作したのは情報科学芸術大学院大学(IAMAS)の学生さんとのことでした。ちなみに使われている魚のロボットは「ビッグ・マウス・ビリー・バス」と呼ばれる有名なおもちゃのようです。

 なお、Google Homeとなった魚さんは「……晴れ時々曇りでしょう」と答えたあと、そのままパタリ……と静かに力尽きる姿が。何度も見ていると、全体的にがんばって答えてくれている感じに愛着が湧いてきて、Twitterでも「かわいい」「これならめっちゃ欲しい」という声が上がっていました。


Google Home 魚 ロボ 合体 シュール OMMF2018 「……晴れ時々曇りでしょう」

Google Home 魚 ロボ 合体 シュール OMMF2018 ……パタリ


画像提供:@3rd_factory_roさん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む