ニュース
» 2018年12月07日 11時45分 公開

10代〜20代の女性に“当たりすぎる”と話題 「fasmeレンアイ動物診断」のヒミツ

診断を生み出したfasme編集部に聞いてきました!

[辻野祐馬,ねとらぼ]

 LINEの友達登録数が65万人超、シリーズ累計診断数が150万回超え......。女子高生や女子大生、OLと幅広い層の女性に、「fasmeレンアイ動物診断」がウケています。

 レンアイ動物診断は、LINE@の仕組みを使った診断。友達登録し、5つの簡単な質問に答えると、恋愛における自分の性格がわかりやすい動物で表されます。ポイントは、「オモテとウラ」の2種類があること。

レンアイ動物診断 恋愛タイプがわかる「レンアイ動物診断」

 オモテは「人前に出る自分の外面の性格」、ウラは「人前に出にくい自分の内面の性格」を表します。恋愛において自分がどんな人間なのかウラオモテの両面から知ることができるんです。診断にはメンズ専用のもの(オモテのみ)もあって、好きな人にやってもらい、自分のタイプと相性をチェックすることもできます。

レンアイ動物診断 こちらは「ウラ」の恋愛タイプ。オモテとウラの両面から自分の恋愛観がわかります

 「めっちゃ当たる」と話題になったレンアイ診断。どのようにして生まれたのか? こだわりはなんなのか? fasme編集部に人気のヒミツや楽しみ方について取材してきました。

占い好きが集まった編集部

――どのような経緯でレンアイ動物診断は生まれたんでしょうか?

 fasme編集部は20代の女性ばかりでトレンドに敏感な女子で構成されています。中でも占いや診断が好きという子が多く、動物占いはもちろん、「しいたけ占い」や手相占い、タロット占いなどを通ってきています。

 そんな人がたくさん集まったからか、「オリジナルの診断とかやってみたいね」という話になり、編集部独自で診断を考案してみると、「これめちゃめちゃ当たるわw」と社内で話題になって(笑)。上の人に話してみたら「面白いから具体的にローンチしようか」と言ってくれて、サービスとして提供することになったんです。

 また、SNSで活用できる自社のAIサービス「BOTCHAN」が始まるタイミングでもあったので、LINEの診断に取り入れたら面白いんじゃないかという話にも発展しました。

レンアイ動物診断 女性ばかりのfasme編集部

質問文は「彼に浮気されたことがありますか?」ではなく「デート初日に着る服はスカート? パンツ?」

――診断のこだわりポイントを具体的に教えてください。

 レンアイ動物診断の特徴は、診断が「オモテとウラ」の2種類あることと、診断結果の画像シェアが容易なこと。診断結果は画像1枚で表され、保存もできるので、友達にLINEで送ったりSNSに投稿して盛り上がることができます。

レンアイ動物診断 診断のイメージ

 診断の質問についても工夫しています。ユーザーが診断を受ける際、「何の診断テストなのか」を連想できてしまうとつまらなくなるので、直接的に聞くのではなく、そのタイプがしそうな行動や心理を元に誰もが身近に感じるシチュエーションに落とし込んだ質問をしています。

 例えば、「彼氏にどう思われているか?」を確認する診断であれば、「彼に浮気されたことがありますか?」とストレートに聞くのではなく、「デート初日に着る服はスカート? パンツ?」という少しひねった質問をします。この質問は「彼氏に浮気されやすい女の子がしがちな行動」を分析した結果を落とし込んでいるので、必然的に的中率が高くなります。

 また、診断の企画やイラスト作成は1人の編集者が一貫して行っているため、診断の意図がユーザーに伝わりやすいのではないかと。

 診断の最終チェックは社内で一番占いが好きな編集者が行うので、ここで精度がグッと増しますね。

「当たりすぎワロタ」の声

――ユーザーの反響はいかがですか?

 「当たりすぎワロタ」「診断をしてから付き合う人のタイプが変わった」「間を空けてみると診断内容が変わって面白かった」など、たくさんのポジティブな感想をいただけてとてもうれしく思っています。

 女子会や合コン、彼氏と一緒に診断して楽しんでくれている人もいるみたいで、今後もっといろんなシチュエーションで使えるような診断にできたらと感じています。

レンアイ動物診断

 2017年11月にスタートし、先日リリース1周年を迎えた「レンアイ動物診断」。動物のタイプが全20種類に増え、より具体的に自分の恋愛観がわかるようになった「fasmeレンアイ動物診断《完全版》」も誕生しています。

レンアイ動物診断 「完全版」も展開中

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響