ニュース
» 2018年12月05日 22時00分 公開

神聖みすごぎて祈りたい ある神話を描いたビーズ刺繍の超大作に「美しすぎる」「ステンドグラスみたい」

夜の女神の物語。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 ビーズ刺繍(ししゅう)作家のPiariさん(@piaricapiari)が投稿した作品が「ステンドグラスみたい」「美し過ぎる」と注目を集めています。


piari 画像提供:Piariさん(@piaricapiari)



 夜空の深青と星々の金色が美しいコントラストを作り出すこちらの作品。髪の毛のうねりやドレスの意匠まで全てがビーズで作られており、画像を拡大してみると、ため息が出るほど繊細な技巧がはっきりと確認できます。


piari 魔法のエフェクトや衣服のシワなど、細かい部分にこそ注目。

 描かれているのは「夢」をつかさどる魔法使いが「夜の女神」に魔法をかける場面です。この魔法使いと女神は、Piariさんの作品に共通するオリジナルの神話の登場人物。絵本のようなバックストーリーを知ったうえで作品を眺めると、ところどころにちりばめられたモチーフの見え方も変わってくるかもしれません。


piari 物語を知ってから作品を見ると、同じ青でも右側(魔法使い)と左側(女神)で色使いが違うことに気が付きます。

 Twitterでは「生で見たい」「額縁に飾りたい」といった感動の声が寄せられています。Piariさんのサイトではハンドメイドのブローチも販売。魔法のようなきらめきに魅せられた方はぜひこちらもご確認ください。




piari 作品と同じく「夜の女神」をモチーフにしたブローチ。piariさんの作品は、その色に対応した神様が設定されています。

画像提供:Piariさん(@piaricapiari)



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.