ニュース
» 2018年12月05日 18時50分 公開

劇場版「名探偵コナン」最新作は「紺青の拳(フィスト)」! コナン×キッド×京極の“三つどもえバトル”inシンガポール

京極さん、絶対に強い……。

[ねとらぼ]

 劇場版「名探偵コナン」最新作の情報が12月5日、解禁されました。2019年4月12日に公開される最新作のタイトルは「紺青の拳(フィスト)」。コナン、怪盗キッド、劇場版初出演となる京極真が“三つどもえ”バトルを繰り広げます。

紺青の拳 最新作は「紺青の拳(フィスト)」テイザービジュアル
紺青の拳 ロゴもお目見えです

 劇場版史上で初めて舞台を海外に移した本作。19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大の宝石「ブルーサファイア」を巡って、シンガポールのマリーナベイ・サンズで起こる殺人事件と巨大な陰謀に巻き込まれていくストーリーです。

 今回は怪盗キッドの行く手を阻むキーパーソンとして、杯戸高校・空手部主将であり、400戦無敗を誇る最強の空手家、そして鈴木園子の恋人でもある京極真が登場します。かつてキッドをその桁外れの身体能力で追い詰めた京極が登場とあっては、さすがのキッドもピンチになるのでは……!?

 原作者・青山剛昌先生描きおろしのテイザービジュアルは、マリーナベイ・サンズをバックに、怪盗キッドと蘭が見つめあい、コナンが大焦りしている様子が。中央に描かれた京極と園子にも、キッドに関連した恋模様が起こりそうです。

 監督は「劇場版 名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」で助監督を務めた永岡智佳さん。また、脚本は同じく「から紅」の大倉崇裕さんが担当しています。

 ちなみに、テイザーイラスト公開前の11月28日、劇場版コナン公式Twitterは「キッドにビジュアルを盗まれた」と投稿し、記憶で再現した「緊急ビジュアル」を公開していました(関連記事)。12月5日、同アカウントは「無事怪盗キッドからテイザービジュアルを奪還いたしました」と報告。「スタッフが一丸となって記憶を呼び戻した緊急ビジュアル、おおよそ一致していて安心致しました」と安堵した投稿に、ファンから「おおよそ一致……?」とツッコミが寄せられています。

「紺青の拳」ストーリー

 19世紀末に海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる、世界最大のブルーサファイア“紺青の拳”。現地の富豪が回収をもくろみ、表舞台にその姿を現した時、マリーナベイ・サンズにて殺人事件が発生。現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた――。

 一方、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦する為、蘭と園子は現地を訪れていた。パスポートを持っていないので海外渡航できないコナンは留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの奇術的な方法により、強制的にシンガポールへ連れてこられてしまう。キッドに従わなければ日本に帰ることすらできないコナンは、メガネ、腕時計、服など全て奪われ変装することに。その正体に気付いていない蘭に名前を聞かれ、とっさにアーサー・ヒライ(!?)と名乗る。

 やがて、キッドはある邸宅の地下金庫にブルーサファイアが眠っているという情報を得る。いとも簡単に侵入成功したと思われたが、危険すぎるワナがキッドを待っていた。立ちはだかったのは、400戦無敗の最強の空手家・京極真。キッドの命運は……!? そして、不吉な何かを予兆するかのようにシンガポールの象徴・マーライオンから真紅に染まった水が放出される! 

紺青の拳 キッドに強制的にシンガポールに連れてこられたコナン。現地で蘭と出会ってしまい、「アーサー・ヒライ」と名乗る

(C)2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/21/news063.jpg 北斗晶、長男結婚で嫁・門倉凛と“親子デート”を満喫 「娘が欲しいと思ってた」と念願叶ってウキウキ
  2. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  3. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  4. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  5. /nl/articles/2205/04/news030.jpg 門倉凛、北斗晶の長男との“初夫婦ショット”が超お似合い 「絵になる」「末永くお幸せに」と祝福の声
  6. /nl/articles/2205/21/news005.jpg おやつを前にした柴犬が「ちっちゃくしてください……」と猛アピール 飼い主に全力で甘える様子がかわいい
  7. /nl/articles/2205/20/news134.jpg 壮大なフリだったのかよ……! ピース綾部、ついに明かした5年間の“渡米の真実”に「最初の計画は失敗です」
  8. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  10. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声