ニュース
» 2018年12月06日 07時30分 公開

「パパ、おしょうゆ取って」→念動力で「フワ〜」 超能力の使い方が地味でなごむ「エスパーおじさん」が書籍化

おじさんの幼少期も明らかに。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 念動力でメガネをかけたり、家族にしょうゆを渡したり――超能力を日常の地味なことばかりに使う、「エスパーおじさん」の漫画が書籍化されました。寡黙で穏やかなおじさんが醸し出す、平和的でとぼけた風味がたまらない1冊です。


アイキャッチ 娘にしょうゆを取ってと頼まれて、わざわざ念動力で渡すおじさん。万事この調子でなごむ

 同作は漫画家の松本勇祐(@matsumoto_p)さんが、4月にTwitterで公開して話題に(関連記事)。6月からKADOKAWAの漫画サイト「Comic Walker」で連載が始まり、今回の単行本化となりました。作者は記念に、収録エピソードをダイジェストで公開しています


1話 ちょっとだけ(?)普通じゃない家族が送る普通の朝。ほのぼの〜

 第6話では、生まれながらの超能力者だったおじさんの赤ちゃん時代が判明。周囲から奇異の目で見られることを恐れず、彼を自然に育てた両親の愛情にほろりとさせられます。


6話 おじさんの本名、藤田シゲルなのか

6話 お母さんが「この子らしく」と育てたからこそ、おじさんは社会へ自然に溶け込めでいるのかも

 第7話で描かれるのは、おじさんの小学校時代。級友が超能力者だからと特別視せず、普通に接してくれたくだりは必見です。


7話 じんとくる話が続く……

 単行本第1巻は、KADOKAWAから994円(税込)で販売中。連載の第24話では、おじさんの娘まで超能力を見せていて、今後の展開が気になります。


作品提供:松本勇祐(@matsumoto_p)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.