ニュース
» 2018年12月21日 20時00分 公開

「全身を蚊に100カ所以上刺されてパンパンに腫れたような状態」 アトピーのつらさを描いた漫画に反響集まる

決めつけずに、知ろうとすることが大切。【追記修正あり】

[林美由紀,ねとらぼ]

 当事者でないとなかなかつらさが分からないアトピー性皮膚炎。そんなアトピーの精神的・肉体的つらさを説明した漫画が分かりやすいとTwitterで評判です。


※【追記】投稿者の意向により画像を取り下げました。それに伴い、本文を一部改めさせていただきました。


 自身もアトピーだという投稿者は、アトピーによるかゆみを「全身を蚊に100カ所以上刺されて身体中が熱を持ってパンパンになったような状態」と表現。当事者ではないとつい「かくのを我慢すればいいじゃん」なんて思ってしまいそうですが、よるのねこさんは「かゆくてかいてしまう病気」なのだと強調します。

 かゆい所をかくと皮膚が傷ついてデリケートな状態になる上、刺激によってさらにかゆみを感じる物質が放出されます。どんどんかいてしまう「かゆみのスパイラル」が発生するため、我慢しようと思ってできるものではないのです。

 症状は心とも深く関わっているので、「宿題やった?」なんてちょっとしたストレスを感じた拍子にも、かゆみがでることがあるのだそうです。厄介なのはリラックスすれば大丈夫というわけでもないということ。落ち着いているときにも突然かゆくなることはあるそうです。

 また、アトピーには、かゆみや傷ついた皮膚の痛みという身体的なつらさだけではなく、精神的なつらさも伴います。皮膚の状態は見た目にはっきりと現れ、他人から奇異の目で見られることもあり、精神的な負担も大きくなります。ただでさえ日々完治が難しい病気と向き合っているのに、他人から「不快」だと言われたら、それは人格を否定されているように感じてしまいます。

 そして、最もつらいのはアトピーが恋愛や人間関係にまで影響を及ぼしてしまうこと。自分の肌を気にして恋愛に臆病になったり、他人から傷つく言葉を投げかけられたり、いじめられたり……。作者は、症状がほぼ出なくなった今でも「アトピー」という言葉には過剰に反応してしまうことが多いそうです。

 漫画を読んだ読者からは「自分もそうだった」「アトピーについて少し理解ができた」など共感の声が上がっています。作者は、当事者にしか分からないことがあったとしても、「だからこそアトピーに関する理解を深めてもらい、根拠のないいじめが無くなってほしい」という願いを込めて漫画を公開したと伝えています。


文:林美由紀/監修:近畿大学アンチエイジングセンター近畿大学医学部奈良病院皮膚科 山田秀和



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる