ニュース
» 2018年12月08日 22時00分 公開

かしこい猫とギャルの日常にほっこり イラッとするけど憎めない喋る猫の漫画がかわいい

もも太のかしこさに笑ってグッときてほっこりします。

[宮原れい,ねとらぼ]

 カリカリをつまみながらサッカー観戦して、関西弁で戦術を語り出す――そんなかしこい猫「もも太」が登場する創作漫画が、クスッと笑えるユーモアとそっと心に寄り添う温かさのある日常をTwitter上で届けています


かしこい 猫 もも太 ギャル 漫画 中田あも Twitter 関西弁 もも太の賢さがハンパない


 ネット流行語大賞2018にも選ばれた「大迫半端ないって〜」のテンプレも使いこなすほど、堂々としゃべる猫のもも太。飼い主のギャル・アミがそれに「まだ使ってるの」とイヤミを言うも、もも太は「辛辣すぎて草」と軽くかわします。なんだかイラッとするくらいの“かしこさ”ですが、見た目は完全に猫なのでかわいいというこのギャップ……!


かしこい 猫 もも太 ギャル 漫画 中田あも Twitter 関西弁 想像していたより賢さのレベルが高いもも太……!

かしこい 猫 もも太 ギャル 漫画 中田あも Twitter 関西弁 もも太の若者感すごい

 愉快な会話が繰り広げられている中、アミのスマホが鳴り、「父」からの着信が。すると表情を変え、静かにスマホをとって「拒否」を押すアミは、そのまま横になって腕で目をふさぎます。そんなとき、もも太はかしこいので、彼女に黙って近づいて片方の腕をギュッとハグするのでした。

 人の気持ちに敏感なもも太と、その思いに救われているギャルのアミ。猫がしゃべる少し変わった日常ですが、そこには共感できる温かさがあります。じんわりと心が癒やされるのを感じる……。


かしこい 猫 もも太 ギャル 漫画 中田あも Twitter 関西弁 父からの着信でブルーになるギャルのアミ

かしこい 猫 もも太 ギャル 漫画 中田あも Twitter 関西弁 もも太はかしこく、温かい

 投稿したのは、ヤングマガジンで『トラビスといっしょなら』を連載していた漫画家の中田あも(@nakada000)さん。もも太が登場する漫画は「#かしこい猫もも太」シリーズとしてTwitterで公開されており、毎週土曜日に更新予定。12月6日現在は第14話まで公開中で、障子を破る猫っぽいもも太から、スマホでTwitterやTikTokをやるもも太など、かしこさといとおしさにあふれたエピソードがみられます。

 第6話では古典落語の「まんじゅうこわい」をテレビで見て、アミに「ちゅ〜るこわい」とアピールする作戦に出るもも太が描かれます。それに「はいはい」とのっかってあげるアミと、いろんなことに「こわいこわい」と言ってご満悦になるもも太。やっぱりしゃべっても猫のかわいさは変わらないんだなあ。

第6話「ちゅ〜るこわい」


かしこい 猫 もも太 ギャル 漫画 中田あも Twitter 関西弁 落語に夢中になるもも太

かしこい 猫 もも太 ギャル 漫画 中田あも Twitter 関西弁 かしこいもも太の「こわいこわい」作戦……!

かしこい 猫 もも太 ギャル 漫画 中田あも Twitter 関西弁 ご満悦なもも太かわいい!

 ちなみにその後の第8話「時ちゅ〜る」では、アレンジした落語を披露するもも太に、キュンキュンしてしまうアミが描かれています。ふとしたときの猫のしぐさがかわいすぎて息が荒くなる猫好きならではの症状……わかる、わかるぞ!


かしこい 猫 もも太 ギャル 漫画 中田あも Twitter 関西弁 第8話「時ちゅ〜る」のワンシーン。猫好きなら共感しかなかった……

 同漫画では他にも、もも太とふたり暮らしのアミが働くパン工場でのシーンや、もも太と一緒にポケモンGO的なゲームをするために外出したりと、家の中以外でのエピソードも。まだ描かれていないふたりの出会いや、アミと父の関係など、気になる背景も含め、今後の展開と更新が楽しみな漫画です。

第12話(猫とギャルがポケモンGO的なゲームする漫画)


かしこい 猫 もも太 ギャル 漫画 中田あも Twitter 関西弁

かしこい 猫 もも太 ギャル 漫画 中田あも Twitter 関西弁

かしこい 猫 もも太 ギャル 漫画 中田あも Twitter 関西弁

かしこい 猫 もも太 ギャル 漫画 中田あも Twitter 関西弁

かしこい 猫 もも太 ギャル 漫画 中田あも Twitter 関西弁

かしこい 猫 もも太 ギャル 漫画 中田あも Twitter 関西弁

かしこい 猫 もも太 ギャル 漫画 中田あも Twitter 関西弁

かしこい 猫 もも太 ギャル 漫画 中田あも Twitter 関西弁

画像提供:中田あも(@nakada000)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声