ニュース
» 2018年12月09日 12時00分 公開

「餓死するかと思った」「顔に生理用ナプキンを……」壮絶な痛みを乗り越えて、整形女子たちが「かわいい」を求める理由 (2/3)

[ひらりさ,ねとらぼ]

美容整形で、本当につらいことは……

 「かわいくなりたい」と思ったときに、手段があるのは現代のいいところ。けれど、美容整形にはお金もかかるし、痛みも相当なものだ。

 「つらかった手術」を語るパートでは、「両顎手術」の経過をはじめ、壮絶なダウンタイムエピソードが語られた。

 「とにかくしんどくて、痛くて、苦しかった。手術前は12時間断食しないといけないし、手術後は、麻酔のチューブが鼻に詰まってるし、口は施術後でボロボロだし、水すら飲めないんですよ。餓死するかと思った……。しかも血や痰が大量に出てくるし、顔は腫れていて、圧迫バンドの締め付けもつらくて。でも、術後の腫れって、運動しないと引かないんですね。だからフラフラなのに、一緒に入院してる中国人患者と病院の廊下をゾンビみたいにぐるぐるしてました」(明治)

 「私は両顎じゃなくて、セットバックという施術を行いました。歯を抜歯して、抜いた歯の分、顎骨を後ろに引っ張るというものなんですけど、全身麻酔じゃないんですよ。10時間かけた手術なのに、意識あるし、めっちゃ顔乾くのがつらかった。『先生痛いよ〜!』って叫んでも『頑張るんだ〜』としか言われないし(笑)。術後3週間くらいは焼き肉1枚すら3等分にしないと口に入らなかった。口自体が小さくなったので、今でも、お寿司は2等分にしないと食べられません」(肉寿司)

 「私はとくに腫れやすいタイプで、鼻と輪郭三点手術をしたときが、めちゃつらかった。顔が、鼻が埋まるレベル……バレーボールみたいにパンパンに腫れてしまって。ごはんが2週間食べれなかった。食べたくても口が全然あけられなくて、8キロ痩せました。顔の血も止まらなくて、仕方なく顔に生理用ナプキンをつけてもらったんですよ。顔にナプキンつける日がくるなんて、誰も思わないですよね(笑)。5日お風呂に入れず、髪の毛もイソジンまみれで、痛みよりも精神的苦痛がひどかったですね。遺書を書いておけばよかったなと思ったくらい……。腫れは結局、術後3〜4カ月しないと引きませんでした」(いきりちゃん)

 しかし、痛みよりもつらいことがひとつある。それは、”変わらない”こと。「理想の顔」に近づけるという希望があるからこそ、彼女たちは整形の痛みを耐え抜いているのだ。

 「小鼻を切れば、鼻が小さく見えるかなと思って、日本の病院で鼻翼縮小手術をしたことがあるんです。でも、私の鼻の場合、先を切っても意味がなかったんですね。手術が終わって、ギプスを外した時に何も変わってなくて……。見た瞬間、号泣しました」(みゅうちゃん)

美容整形トークイベント

偏見に負けずに言っていく人、墓場まで隠す人

 美容整形は、リアルでは人に言いづらいこととして認識されているし、「親からもらった体に傷をつけるなんて」と眉をひそめる人も多い。芸能人に対しても「あいつ整形じゃん」「整形疑惑」なんていうふうに、ネガティブなレッテルを貼るために使われることが多いくらいだ。

 数百万円をかけて顔を変えてきた彼女たちは、一体周りにどんな説明をしているのだろうか。

 「私はTwitterでも言ってるし、付き合う人にも言ってますね。両顎手術のときも、彼氏に『韓国で顎削ってくる〜バイバイ』って言って渡韓して、帰ってきたらゲラゲラ笑われました。自分の顔を誇りに思ってるので、どんどん言っちゃいますね」(明治)

 「二重の埋没をするときだけは、母に事後報告しました。その後の整形については、言えてないですね……。整形する前の友人関係は、憶測でたたいてきたり誹謗中傷してきたりということが重なった結果、疎遠になりました。でも今は整形垢を通じて友達になった人がいっぱいいるから、結果オーライだと思ってます」(いきりちゃん)

 「自分からは言わないけど、聞かれたら言いますね。私も、それで離れていった友達は結構多いかな。『整形?』って聞かれたら『これ50万円かけてるんだよやばくね〜?』とか返すことが多いです」(肉寿司)

 「私は、親に秘密にしていたんだけど、大きい手術だからどうしてもバレちゃいましたね。お母さん泣いちゃったし、お父さんからは『元の顔のほうがいいよ』って言われたし。鼻は、バレる人にはバレます。前より鼻の位置高くなってるから、マイクとかコップにぶつけやすくなってるんですけど、当たるとコツンって音がするんですよ(笑)」(みゅうちゃん)

 言う・言わないの基準は人によってさまざま。ただやはり偏見の存在は根強いようだ。

 「私は、付き合う相手にも絶対自分から言わないですね。歳とって死んで、死体を燃やして、骨をとめてるプレートが出てきたら仕方ないけど。今後も絶対隠して生きていきます」(みゅうちゃん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.