ニュース
» 2018年12月10日 21時43分 公開

「森永の焼プリン」15万個超が自主回収 金属の粉が混入した可能性

対象商品の購入者には中身を廃棄した上で空容器(ふた・カップ)着払いで送るよう呼びかけ。

[ねとらぼ]

 森永乳業は12月10日、「森永の焼プリン 140g」の一部に金属の微粉が混入している可能性があるとして自主回収を発表しました。

森永の焼プリン 140g 森永の焼プリン 140g

 対象となるのは東京工場で作られた同製品(JANコード:49410150)で、賞味期限が2018年12月21日(18.12.21)と2018年12月22日(18.12.22)かつ「賞味期限の下にある5桁の英数字が“4”からはじまるもの」。回収対象は15万3901個に及びます。現時点では体調不良などの健康被害に関する報告はないとしています。

森永の焼プリン 140g 見分け方

 同社は販売店と協力して流通在庫、店頭在庫を回収しており、対象商品の購入者には中身を廃棄した上で空容器(ふた・カップ)着払いで送るよう呼びかけています。送付先は〒124-8577 東京都葛飾区奥戸1丁目29番1 森永乳業株式会社 東京工場。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.