ニュース
» 2018年12月10日 22時29分 公開

ファミコンに新作リズムゲーム「8ビットリズムランド」登場 楽曲提供にゲーム音楽界のレジェンドが集結

メガドライブ用の「16ビットリズムランド」も発売予定。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ファミコンおよび互換機用の新作ロムカセット「8ビットリズムランド」が、ゲームパーツメーカーのコロンバスサークル(関連記事)から登場します。2019年2月中旬、4980円(税別)で販売予定。タイトル通り、ファミコンでは珍しいリズムゲームとなっています。


パッケージ

カセット 媒体はROMカセット

 音楽のリズムに合わせてタイミング良くボタンを押す、手軽に遊べるリズムゲームを4種類収録。20の楽曲を、ゲーム音楽界のレジェンドを中心に、チップチューンで活躍するアーティストが提供しています。ナムコで「ドルアーガの塔」や「スカイキッド」などの曲を手がけた小沢純子さんや、テクモ(テーカン)やアトラスで活躍した増子津可燦さんなど、そうそうたる顔ぶれ。


野球 投球に合わせてリズミカルにバットを振るゲーム

黄泉 地獄でドクロをたたく「黄泉リズム」

スタッフ パッケージイラストはナムコで活躍した篠崎雄一郎さん(「崎」はたつさき)

 初回出荷版は特典としてサントラCDが付属。また、メガドライブ(互換機含む)用の「16ビットリズムランド」も同時期に発売します。


サントラ 初回特典のCD

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.