ニュース
» 2018年12月12日 12時00分 公開

今振り返るコンビニ統廃合の歴史。セーブオン、スリーエフ、am/pm……思い出のあのチェーンはなぜ消えたのか? (6/6)

[辰井裕紀,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

大手3社に集約する流れは止まらない

 ここで統廃合されたコンビニをおさらいしましょう。2016-2017年だけでサークルKサンクス、スパー、スリーエフ、セーブオンという比較的大きなチェーンが統廃合を発表し、2018年はその完全閉店が相次いだ年でした。


コンビニ統廃合の歴史 当たり前のようにあったコンビニが、毎年のようになくなっていく

 大手3社以外のチェーンたちは、さまざまな理由で大手に吸収されていく道を選んでいます。

  • 大手はシステムと商品力が強い
  • チェーンを統一することによる効率性
  • 消費不況で大手の力を借りたい
  • 女性の支持が欲しい
  • 電子マネーを整備したい

 かゆい所に手が届く、サービスの行き届いた大手3社に集約されることで、便利になる恩恵も私たちは感じています。

 一抹の寂しさを覚える方もいるかもしれませんが、それでもこの流れはなかなか止まらないでしょう。当時の思い出を語ることで、消滅したコンビニたちは私たちの中で生きていきます。

 消滅したコンビニチェーンたちは、実は統廃合後も個人商店として営業している店もほんの少しだけあります。ぜひ思い出の店を探して、訪ねてみませんか。


辰井裕紀


前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.