ニュース
» 2018年12月12日 14時02分 公開

今年の漢字は「災」に決定

[ねとらぼ]

 日本漢字能力検定協会は12月12日、今年1年の世相を漢字1文字で表現する「今年の漢字」を発表しました。2016年の「金」、2017年の「北」に続いて、2018年は「災」が今年の漢字として選ばれました。


今年の漢字 2018 2018年の漢字は「災」


今年の漢字 2018 「災」

 「今年の漢字」は一般投票により選ばれるもので、2018年で24回目。1位の漢字「災」については投票者から、「全国的に平成30年7月豪雨や北海道胆振東部地震など災害が多かった」「仮想通貨の流出や、スポーツ界のパワハラ問題、大学不正入試など人災が目立った」といった理由が寄せられています。

 2位は「平」、3位は「終」、4位は「風」、5位は「変」。例年通り京都・清水寺で1位の「災」の字を森清範貫主が揮毫し、書は2019年の幸せを願う目的で清水寺に奉納された後、漢字ミュージアムでも公開されます。

今年の漢字 2018

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.