ニュース
» 2018年12月12日 17時00分 公開

Googleが2018年の検索ランキングを発表 5位「漫画村」、2位「オリンピック」、1位は……?

ドラマ部門では「今日から俺は」、映画部門では「カメラを止めるな」が首位に。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Googleが2018年の検索ランキングを発表しました。話題や流行となった事象を表す「急上昇ランキング」(※)では、猛威を振るった「台風」が3位、「(平昌)オリンピック」が2位に。1位は日本がベスト16入りと健闘した、「(サッカー)ワールドカップ」となりました。

※前年と比較して検索回数が上昇したキーワード

サッカー ロシアW杯が1位に(画像はFIFA公式サイトより)

オリンピック 2位は平昌オリンピック。活躍したカーリング選手は「カーリング 女子」として、「話題の人(総合)」部門にランクインしています(画像はJOC公式サイトより)

漫画村 ネットを騒がせた「漫画村」も5位につけています(画像は編集部で加工したもの)

急上昇ランキング 急上昇ランキング

 2018年は「平成最後」を冠したフレーズが目立ったことから、「平成」を含む検索のランキングも集計。「平成 いつまで」「平成の次は」など、改元の時期や仕組みを調べたと思われるキーワードが上がっています。そんな中、「平成中村座」や仮面ライダーの映画「平成ジェネレーションズforever」などの固有名詞もランクインしました。

 カテゴリー別に見ていくと、ドラマ(広義)部門では、「今日から俺は」が「花のち晴れ」(2位)や「おっさんずラブ」(3位)を押さえてトップに。映画部門では、「カメラを止めるな」「ボヘミアン ラプソディ」「グレイテスト ショーマン」が順にトップ3となりました。


今日から俺は 最終回に向けて盛り上がる「今日から俺は」(公式サイトより)

カメ止め 「カメラを止めるな!」は略称の「カメ止め」が流行語大賞にもノミネート(公式サイトより)

ドラマ映画ランキング ドラマと映画のランキング。「ドラマ」の意味は広義のようで、「ポプテピピック」が5位に入っています

 「話題の人」ランキングでは、不祥事を起こした人や惜しまれつつ亡くなった人が目立つなか、アメリカンリーグで新人王に輝いた、ロサンゼルス・エンゼルスの「大谷翔平」が総合で4位、男性で3位に。日本人初のグランドスラムシングルス優勝者「大坂なおみ」も総合6位、女性で3位と、明るい話題も表れています。


話題の人 「話題の人」ランキング

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる