ニュース
» 2018年12月13日 12時18分 公開

うぉぉ待っていました! NISMOヘリテージが「R33」「R34」も対象に GT-Rの絶版パーツを再生産 (1/2)

やっぱかっこええよ、GT-Rは。

[agar,ねとらぼ]

 絶版車のパーツを再供給する日産の取り組み「NISMOヘリテージ」に待望の拡充。「R33型GT-R」「R34型GT-R」が対象となりました。

スカイラインGT-R(R34型) 専用部品が再生産される「スカイラインGT-R(R34型)」
スカイラインGT-R(R34型) R34型GT-R 再生産パーツの検索結果例

 NISMOヘリテージは、日産とニスモ、オーテックの3社と部品サプライヤーが共同で絶版パーツの再供給を行い、長く愛車に乗り続けたい日産車オーナーを支援する取り組み。2017年に開始し、第1弾としてR32型のハーネス、ホース、チューブ、エンブレム、外装部品などを再生産しました(関連記事)

 具体的には、走行や車検に必要不可欠、あるいはメーカーでないと製造できないといった重要度の高い純正補修部品を優先的に再生産し、復刻生産が難しい部品についてはリビルトやオーバーホール、あるいはNISMOチューニングパーツによる代用部品の提案などとともに、「戻したい、直したい、また走らせたい」と考えるオーナーや販売店に向けて展開します。

スカイラインGT-R(R33型) スカイラインGT-R(R33型)
スカイラインGT-R(R34型) R33型GT-R 再生生産パーツの検索結果例
NISMOヘリテージ 再供給する「フロントバンパー」
NISMOヘリテージ ドアウィンドウ レギュレータ
NISMOヘリテージ パワーウィンドウ スイッチ
NISMOヘリテージ バンパー レインフォース

 今回新たに対象となるR33型とR34型とともに、R32型についても再生産パーツのラインアップを強化します。今なお人気の高い“第2世代”GT-Rの全車種が対象になるのは、クルマファンとしても待望となり得ますし、また新たなビジネスチャンスも生まれそうです。「末永く乗り続けたい」といった現オーナーだけでなく、当時は高額で諦めたのに、現代も程度のいい車両となればプレミアが付いてさらに価格が高騰していたりもするので、「直せる可能性がある」「直した個体を買える可能性が増える」ならば、買う側、売る側、近年では利用・シェアする側などにも選択肢が広がります。

 再生産パーツは、全国の日産販売会社およびNISMOパフォーマンスセンター、NISMO大森ファクトリーで注文できます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.