ニュース
» 2018年12月14日 12時00分 公開

これは上質でかっこいい! 新型「インサイト」発売、燃費はリッター28.4キロ(1/2 ページ)

価格は326万円から。

[agar,ねとらぼ]

 本田技研工業(ホンダ)は12月14日、ハイブリッドセダンの新型「インサイト」を発売しました。価格は326万1600円(税込)からです。

インサイト 新型「インサイト」(左:EX・BLACK STYLE クリスタルブラック・パール、右:EX プラチナホワイト・パール 写真:本田技研工業、以下同)
インサイト 新型「インサイト」(プレミアムクリスタルレッド・メタリック)

 1999年、ホンダ初の量産ハイブリッド車としてデビューしたインサイト。空気抵抗を徹底して減らすためにリアタイヤをカバーで覆った個性的なデザインの2シータークーペだった初代、プリウス対抗の5ドアハッチバックとなった2代目に続き、約4年ぶりに復活した今回の3代目は、車格を上げた上級、上質志向のセダンに生まれ変わりました。

 インサイトは2018年夏に先行して北米で販売を開始(関連記事)していましたが、国内仕様はフロントグリルが専用デザインとなり、また「EX」グレードに備わるトランクスポイラーなどとともに、大人でスポーティな印象を高めています。

日本仕様の「EX」グレードにはトランクスポイラーを装備 日本仕様の「EX」グレードにはトランクスポイラーを装備

 パワートレインは、2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を採用。1.5リッターの「DOHC i-VTECエンジン」と電動モーターの組み合わせにより、WLTCモードでリッター28.4キロ(JC08モードでリッター34.2キロ)の燃費性能を実現します。

 また、ハイブリッド車の走行に不可欠となるバッテリーや制御装置をまとめた「IPU(インテリジェントパワーユニット)」を後部座席の下に収められるほどまでの小型化に成功したことで、ミドルサイズセダンに求められる上質な居住性と大容量トランクルーム(最大519リットル)を実現しました。こういったところにも、もうハイブリッドは当たり前であり、クルマとしての本質を追究するのが本筋とする姿勢が伺えます。安全装備には、先進安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準で装備します。

内装(BLACK STYLE) 内装(BLACK STYLE)
内装(BLACK STYLE) 主な仕様と価格
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる