ニュース
» 2018年12月14日 12時00分 公開

これは上質でかっこいい! 新型「インサイト」発売、燃費はリッター28.4キロ (1/2)

価格は326万円から。

[agar,ねとらぼ]

 本田技研工業(ホンダ)は12月14日、ハイブリッドセダンの新型「インサイト」を発売しました。価格は326万1600円(税込)からです。

インサイト 新型「インサイト」(左:EX・BLACK STYLE クリスタルブラック・パール、右:EX プラチナホワイト・パール 写真:本田技研工業、以下同)
インサイト 新型「インサイト」(プレミアムクリスタルレッド・メタリック)

 1999年、ホンダ初の量産ハイブリッド車としてデビューしたインサイト。空気抵抗を徹底して減らすためにリアタイヤをカバーで覆った個性的なデザインの2シータークーペだった初代、プリウス対抗の5ドアハッチバックとなった2代目に続き、約4年ぶりに復活した今回の3代目は、車格を上げた上級、上質志向のセダンに生まれ変わりました。

 インサイトは2018年夏に先行して北米で販売を開始(関連記事)していましたが、国内仕様はフロントグリルが専用デザインとなり、また「EX」グレードに備わるトランクスポイラーなどとともに、大人でスポーティな印象を高めています。

日本仕様の「EX」グレードにはトランクスポイラーを装備 日本仕様の「EX」グレードにはトランクスポイラーを装備

 パワートレインは、2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を採用。1.5リッターの「DOHC i-VTECエンジン」と電動モーターの組み合わせにより、WLTCモードでリッター28.4キロ(JC08モードでリッター34.2キロ)の燃費性能を実現します。

 また、ハイブリッド車の走行に不可欠となるバッテリーや制御装置をまとめた「IPU(インテリジェントパワーユニット)」を後部座席の下に収められるほどまでの小型化に成功したことで、ミドルサイズセダンに求められる上質な居住性と大容量トランクルーム(最大519リットル)を実現しました。こういったところにも、もうハイブリッドは当たり前であり、クルマとしての本質を追究するのが本筋とする姿勢が伺えます。安全装備には、先進安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準で装備します。

内装(BLACK STYLE) 内装(BLACK STYLE)
内装(BLACK STYLE) 主な仕様と価格
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.