ニュース
» 2018年12月14日 13時59分 公開

eスポの先駆け『ゲームセンターあらし』が復活 新作「プロゲーマー編」、現代のゲーム大会であらしが大暴れ

12月15日発売のマンガ誌『コロコロアニキ』2019年冬号に掲載。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 eスポーツの先駆けともいえる1980年ごろのマンガ『ゲームセンターあらし』(すがやみつる)の新作が、12月15日発売のマンガ誌『コロコロアニキ』2019年冬号に掲載されます。題して「プロゲーマー編」。主人公の石野あらしがeスポーツを舞台に大活躍する内容です。

ゲームセンターあらし プロゲーマー編 コロコロアニキ 『ゲームセンターあらし』新作「プロゲーマー編」の扉絵

ゲームセンターあらし プロゲーマー編 コロコロアニキ 収録する『コロコロアニキ』2019年冬号の表紙

 『ゲームセンターあらし』は国内でゲームセンターが大ブームとなっていた1979年〜1983年に少年マンガ誌『コロコロコミック』で連載。あらしがゲームセンターやゲーム大会を舞台に、「スペースインベーダー」や「パックマン」など実在したゲームでライバルと熱戦を繰り広げる物語です。必殺技“炎のコマ”や“真空ハリケーン撃ち”といった現実離れしたプレースタイルは子どもたちの間で大流行しました。

ゲームセンターあらし プロゲーマー編 コロコロアニキゲームセンターあらし プロゲーマー編 コロコロアニキ 1980年ごろ連載当時の『ゲームセンターあらし』。破天荒な必殺技(左)が子どもたちに人気となった

 新作の「プロゲーマー編」は、最終回で宇宙に旅立ったあらしたちが、35年ぶりに時空を超えて現代に舞い戻り、eスポーツ界に革命を起こすストーリー。作中にはYouTubeで人気のゲーム実況者である兄者さん、弟者さん、おついちさんの3人が、あらしのゲームバトルの実況者として登場します。40ページ、作者は連載当時と同じくすがやみつるさんです。

ゲームセンターあらし プロゲーマー編 コロコロアニキ 『ゲームセンターあらし』の「プロゲーマー編」の1ページ

ゲームセンターあらし プロゲーマー編 コロコロアニキ 人気ゲーム実況者の兄者さん、弟者さん、おついちさんがなんと大会の実況者として登場

 さらに『コロコロアニキ』同号ではあらし復活を記念し、あらしのトレードマークともいえる「インベーダーキャップ」を初めて完全再現したキャップの応募者全員サービスを実施(応募者負担額/3990円・税込)。すがやさんとコロコロ編集部が監修し、「スペースインベーダー」を開発したタイトーから許諾を得た公式版となります。

 同号は定価720円(税別)。「ゲームセンターあらし」の新作情報とともに、詳細は「コロコロオンライン」で公開中です。

画像提供:小学館 コロコロアニキ編集部



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」