ニュース
» 2018年12月14日 13時59分 公開

eスポの先駆け『ゲームセンターあらし』が復活 新作「プロゲーマー編」、現代のゲーム大会であらしが大暴れ

12月15日発売のマンガ誌『コロコロアニキ』2019年冬号に掲載。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 eスポーツの先駆けともいえる1980年ごろのマンガ『ゲームセンターあらし』(すがやみつる)の新作が、12月15日発売のマンガ誌『コロコロアニキ』2019年冬号に掲載されます。題して「プロゲーマー編」。主人公の石野あらしがeスポーツを舞台に大活躍する内容です。

ゲームセンターあらし プロゲーマー編 コロコロアニキ 『ゲームセンターあらし』新作「プロゲーマー編」の扉絵

ゲームセンターあらし プロゲーマー編 コロコロアニキ 収録する『コロコロアニキ』2019年冬号の表紙

 『ゲームセンターあらし』は国内でゲームセンターが大ブームとなっていた1979年〜1983年に少年マンガ誌『コロコロコミック』で連載。あらしがゲームセンターやゲーム大会を舞台に、「スペースインベーダー」や「パックマン」など実在したゲームでライバルと熱戦を繰り広げる物語です。必殺技“炎のコマ”や“真空ハリケーン撃ち”といった現実離れしたプレースタイルは子どもたちの間で大流行しました。

ゲームセンターあらし プロゲーマー編 コロコロアニキゲームセンターあらし プロゲーマー編 コロコロアニキ 1980年ごろ連載当時の『ゲームセンターあらし』。破天荒な必殺技(左)が子どもたちに人気となった

 新作の「プロゲーマー編」は、最終回で宇宙に旅立ったあらしたちが、35年ぶりに時空を超えて現代に舞い戻り、eスポーツ界に革命を起こすストーリー。作中にはYouTubeで人気のゲーム実況者である兄者さん、弟者さん、おついちさんの3人が、あらしのゲームバトルの実況者として登場します。40ページ、作者は連載当時と同じくすがやみつるさんです。

ゲームセンターあらし プロゲーマー編 コロコロアニキ 『ゲームセンターあらし』の「プロゲーマー編」の1ページ

ゲームセンターあらし プロゲーマー編 コロコロアニキ 人気ゲーム実況者の兄者さん、弟者さん、おついちさんがなんと大会の実況者として登場

 さらに『コロコロアニキ』同号ではあらし復活を記念し、あらしのトレードマークともいえる「インベーダーキャップ」を初めて完全再現したキャップの応募者全員サービスを実施(応募者負担額/3990円・税込)。すがやさんとコロコロ編集部が監修し、「スペースインベーダー」を開発したタイトーから許諾を得た公式版となります。

 同号は定価720円(税別)。「ゲームセンターあらし」の新作情報とともに、詳細は「コロコロオンライン」で公開中です。

画像提供:小学館 コロコロアニキ編集部



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.