ニュース
» 2018年12月14日 13時59分 公開

eスポの先駆け『ゲームセンターあらし』が復活 新作「プロゲーマー編」、現代のゲーム大会であらしが大暴れ

12月15日発売のマンガ誌『コロコロアニキ』2019年冬号に掲載。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 eスポーツの先駆けともいえる1980年ごろのマンガ『ゲームセンターあらし』(すがやみつる)の新作が、12月15日発売のマンガ誌『コロコロアニキ』2019年冬号に掲載されます。題して「プロゲーマー編」。主人公の石野あらしがeスポーツを舞台に大活躍する内容です。

ゲームセンターあらし プロゲーマー編 コロコロアニキ 『ゲームセンターあらし』新作「プロゲーマー編」の扉絵

ゲームセンターあらし プロゲーマー編 コロコロアニキ 収録する『コロコロアニキ』2019年冬号の表紙

 『ゲームセンターあらし』は国内でゲームセンターが大ブームとなっていた1979年〜1983年に少年マンガ誌『コロコロコミック』で連載。あらしがゲームセンターやゲーム大会を舞台に、「スペースインベーダー」や「パックマン」など実在したゲームでライバルと熱戦を繰り広げる物語です。必殺技“炎のコマ”や“真空ハリケーン撃ち”といった現実離れしたプレースタイルは子どもたちの間で大流行しました。

ゲームセンターあらし プロゲーマー編 コロコロアニキゲームセンターあらし プロゲーマー編 コロコロアニキ 1980年ごろ連載当時の『ゲームセンターあらし』。破天荒な必殺技(左)が子どもたちに人気となった

 新作の「プロゲーマー編」は、最終回で宇宙に旅立ったあらしたちが、35年ぶりに時空を超えて現代に舞い戻り、eスポーツ界に革命を起こすストーリー。作中にはYouTubeで人気のゲーム実況者である兄者さん、弟者さん、おついちさんの3人が、あらしのゲームバトルの実況者として登場します。40ページ、作者は連載当時と同じくすがやみつるさんです。

ゲームセンターあらし プロゲーマー編 コロコロアニキ 『ゲームセンターあらし』の「プロゲーマー編」の1ページ

ゲームセンターあらし プロゲーマー編 コロコロアニキ 人気ゲーム実況者の兄者さん、弟者さん、おついちさんがなんと大会の実況者として登場

 さらに『コロコロアニキ』同号ではあらし復活を記念し、あらしのトレードマークともいえる「インベーダーキャップ」を初めて完全再現したキャップの応募者全員サービスを実施(応募者負担額/3990円・税込)。すがやさんとコロコロ編集部が監修し、「スペースインベーダー」を開発したタイトーから許諾を得た公式版となります。

 同号は定価720円(税別)。「ゲームセンターあらし」の新作情報とともに、詳細は「コロコロオンライン」で公開中です。

画像提供:小学館 コロコロアニキ編集部



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた