ニュース
» 2018年12月14日 19時30分 公開

「今日生理なんだけど大丈夫?」の答えで“2人の関係”がわかる? 『アフロ田中』のすごい診断方法

あなたは何が“正解”だと思いますか?

[ねとらぼ]

 2人の関係がセフレかそうではないかがわからない――そんなときにたった1つのQ&Aで彼の考えがわかる。そんなすごい「セフレ診断」をご存じでしょうか。

 このセフレ診断は、『結婚アフロ田中』第26話「ケーキの無いケーキ屋」(12月10日発売『週刊ビッグコミックスピリッツ』掲載)で描かれたもの。デート当日に女性が送った「今日生理なんだけど大丈夫?」に対し、男性がどう返すかで2人の関係がわかるというのです。

 女性の皆さん、どんな答えだったら「ああ、これはセフレ扱いされているな」と思うでしょうか。また男性の皆さん、(もし相手をセフレだと思っているとして)どう返すのが“正解”だと思うでしょうか? ちょっと考えながら記事を読み進めてみてください。

『アフロ田中』に学ぶ「セフレ診断」

 『アフロ田中』シリーズは、小学館の『ビッグコミックスピリッツ』でのりつけ雅春さんが連載中の漫画。アフロがトレードマークの「田中広」(たなかひろし)を取り巻く生活や真理、哲学などを描くギャグ漫画で、2002年に『高校アフロ田中』で連載が始まり、『中退アフロ田中』『上京アフロ田中』『さすらいアフロ田中』『しあわせアフロ田中』、現行シリーズの『結婚アフロ田中』ではついに結婚に向けて動き始めました。

 26話は、田中たちが居酒屋で偶然耳にした会話を巡るストーリー。隣のテーブルの会話って妙に気になりますよね。田中たちは会社の新メンバーの歓迎会中、突如耳に入ってきた女性たちの会話――「それってセフレなんじゃない?」――に気を取られてしまいます。

アフロ田中 こういう話、絶対耳に入ってきてしまう
アフロ田中 セフレ診断??

 彼からセフレ扱いされているのではないかと疑う1人の女性。関係をはっきりさせるべく、女性たちの間で広がっている「セフレ診断」を行ったというのです。その内容は、冒頭でも紹介した「今日私生理だけど大丈夫?」と聞くというもの……。

アフロ田中 「今日生理なんだけど大丈夫?」

 完全に女性たちの会話に集中してしまっている田中たちは「何が正解なんだ……!?」と考え込みます。「セフレ扱いしているとバレたくない」「生理だからといって『じゃあ会うのやめよう』と言ったらセフレ扱いがバレる」と考えを巡らせる田中たち。

アフロ田中 (ゲスな)考えを巡らせる田中たち
アフロ田中 「は? 何が? オレは全然大丈夫だけど?」にたどり着く

 結果、田中たちのファイナルアンサーは……「は? え? ……何が…? オレは全然大丈夫だけど?」

ファイナルアンサーの判定

 では、田中たちが導き出した答えは“正解”だったのか? 女性たちが叫んだ判定は……「セフレ決定ー!」

アフロ田中 田中たち、アウトー!

 なぜ「オレは全然大丈夫だけど?」がダメなのか。職場の上司である鈴木さん(既婚子あり)が滔々と正解を語ります。「今日は体調の悪い日なんだね」「じゃあ、また元気な日に飲みに行こう。お大事にね(ハート)」「相手の体調を気遣う。これが正解だ…」「正解というか、人として常識だ」

アフロ田中 鈴木さんの答え

 鈴木さんの解説はなおも続きます。自分の身に置き換えたとき「体調が悪い」と言っているのに「全然大丈夫だけど」と返されたらどう思うか? 「そりゃあお前は大丈夫だろうよ!!」と思うはずと――。田中たちの回答は、思いやりがなく保身ばかり考えている=愛がない=セフレだ! と思われてしまうものなのかもしれません。

アフロ田中 自分の身に置き換えてみましょう

 そもそもこの診断を女性がくり出した時点でセフレだと疑われているわけで、なんとなく正解がない問題なような気もしますね。ちなみに漫画はさらにゲスなオチで終わるのですが、あまりにもゲスすぎてねとらぼでは紹介できそうにありません……! セフレ診断は用法用量を守って正しくお使いくださいね。

アフロ田中 『結婚アフロ田中』コミックス2巻は12月27日に発売予定です

(C)のりつけ雅春/小学館

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」