ニュース
» 2018年12月14日 18時58分 公開

立川シネマシティ、「次世代映画ファン育成計画」始動 シニア層の負担分で24歳以下の会費を安く

シニア層は実質値上げとなりますが、その分を若い映画ファンに還元する「意味のある値上げ」としています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 東京都立川市の映画館・シネマシティが、「次世代映画ファン育成計画」を2019年4月1日から始めます。シニア層向けの割引サービスを変更して実質値上げする代わりに、24歳以下の会費を6カ月100円に。ベテラン映画ファンの負担分を、若い映画ファンへ還元する施策です。


計画 思い切った施策

 シネマシティでは、シネマシティズンという会員制度を実施しています。現在の会費は一律で、6カ月600円、1年で1000円。会員は平日1000円、土日祝日は1300円で映画を見られるほか、早めに予約を取れたりフードを割引で買えたりといった特典が受けられます。


シネマシティズン 執筆時点での会員制度

 新施策による制度変更後は、24歳以下は会費をほぼ負担せず特典を利用できるように。その代わりに夫婦50割(※)は廃止され、シニア割引の対象年齢は「60歳以上」から「70歳以上」へ引き上げられます。

※夫婦どちらかが50歳以上であれば、2人合わせて2200円で入場できる

 シネマシティは「ベテラン映画ファンのかたにとって、これは『値上げ』です。ただし、意味のある『値上げ』です」とコメント。「値上げ分は学生あるいは社会に出たての若い映画ファンに還元する」としています。ネットでは「映画業界全体を考えての施策」と理解する声が目立つ一方で、「年金をはじめ、シニアサポートの適用年齢が逃げ水のように去っていく」と、なげく声もあがっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた