ニュース
» 2018年12月15日 20時00分 公開

SNSを駆使して愛猫と奇跡の再会! カリフォルニア最大規模の山火事を生き延びた両者に涙……

希望は捨てたらあかん。

[春夏冬つかさ,ねとらぼ]

 米カリフォルニア州北部にて発生した大規模な山火事により、最愛のペットとはぐれてしまった飼い主が、SNSを駆使して見事ペットと再会することができました! 炎の中を奇跡的に生き延びた両者のストーリーが、ネットで話題になっています。



 過去最大規模、史上最多の死者数を出した山火事「キャンプ・ファイア」。被害にあったラシさんとカーティスさんは、愛猫「メイソン」とともに避難するため、メイソンをケージに入れて、必要なものを荷造りしていました。

 しかし炎の勢いはすさまじく、別の家にあったプロパンガスに火がついて爆発。その音に驚いたメイソンは、ケージから飛び出してしまいます。気が付いたラシさんが追いかけましたが追い付けず、そのまま離ればなれに……。

 避難中もメイソンがどこかで保護されているのではと思い、SNSなどを使って情報を探し続けたラシさんたち。そしてついに、獣医学校「UC Davis School of Veterinary Medicine」でメイソンが保護されていることが分かったのです。メイソンは足にケガを負ったものの、命に別条はなく、回復する見込みとのこと。


山火事 ネットに掲載された写真

 「YAHOO!」に掲載された「Photos: Pets, owners reunited following deadly and destructive Camp Fire」の記事内で、「他のペット所有者が、最愛のペットに再会できるという希望を捨てないでほしい」と心強いコメントを残したラシさんは。同サイトには、「キャンプ・ファイア」で飼い主と離ればなれになった、ほかの猫たちの写真も掲載されています。


山火事 再会を果たしました!

山火事 2人と出会えて幸せそうなメイソン

山火事 ほかにも多くの猫が再会を待ちわびています

 同サイトのコメント欄には、「猫たちが飼い主に出会えることを祈っている」「もし飼い主が故意にペットを手放したのだとしたら、別のいい飼い主に出会ってほしい」など、猫たちの幸せな未来を願う声が寄せられました。

春夏冬つかさ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.