ニュース
» 2018年12月17日 18時32分 公開

世界観が完全にストII ディープラーニングで格闘技の動画を格闘ゲーム風にするシステムが登場

KOシーンはスローになる。

[ねとらぼ]

 Hack Day 2018のハッカソンプレゼンで、格闘技の動画を格闘ゲーム風に自動編集するシステム「DaiRanTou」がデータエクスペリエンス賞を受賞しました。ディープラーニングを用いて人の体を可視化し、打撃の当たり判定を設定しています。実用性はそれほどだけど、見ていて楽しいやつ。

41分26秒ごろから

 ディープラーニングを用いてパンチ・キックを検知し、自動でエフェクトを追加。打撃を当てると相手の体力ゲージが減少し、体力の多い方が勝者となります。また、KOシーンはスローモーションで再生し、大事な場面を見逃すこともないそうです。


ハッカソン UIが完全に格闘ゲーム

ハッカソン エフェクトもそれっぽい

ハッカソン KOシーンはスローに

 ゲームの主人公になりたい人や、今までにない格闘技を見たいという人向けに開発されたものとのこと。演出の方向性が完全に「ストII」なので、生身で「ストII」を再現したい人にもおすすめできそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.