ニュース
» 2018年12月17日 22時59分 公開

エアゾール缶&スプレー缶の重大な火災事故 2007年以降で24件 札幌の爆発事故受けて経産省が注意喚起

処分する際の注意点をTwitterで周知しています。

[ねとらぼ]

 12月16日夜に北海道札幌市で起こった爆発事故の原因がエアゾール缶(消臭スプレー)だったという報道を受け、経済産業省のリコール・製品事故情報担当がTwitter(@kochijiko)でエアゾール缶を処分する際の注意点を周知しています。

エアゾール缶 スプレー缶

 札幌市豊平区で雑居ビルが爆発し、42人が重軽傷を負った事故。各報道によれば事故前、ビルに入居していた不動産仲介業の店舗で従業員が、100本以上の除菌消臭用のスプレー缶を廃棄するために中身を抜く作業を室内で行っており、抜いたガスの成分に引火することで爆発が起こったと見られています。

 エアゾール缶とは、液化ガスあるいは圧縮ガスの力によって使用目的の液体を弁から放出させる構造の缶。ガスの成分は可燃性のものが多く、ごみ収集車や処理施設で事故につながらぬよう、ごみ出しする際は中身を使い切ることが原則となっています。


 経産省のツイートによれば、エアゾール缶、スプレー缶の重大製品事故は、2007年以降で29件報告されており、24件が火災だったとのこと。エアゾール缶は密閉空間でも火災、爆発の危険があり、使う際は換気に気を付ける他、処分のために大量にガスを放出する場合も風通しがよく火気のない屋外で作業するよう呼び掛けています。

 最近では処分の際に中身を空にしなくてもいい、またはスプレー缶も穴を開ける必要のない自治体が増えています。しかし中身が入ったままでも回収に応じる自治体はごく少数で「どうしても使い切れない場合」に限られるとのこと。「処分するときは自治体のルールを確認しましょう」と注意喚起しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ