ニュース
» 2018年12月18日 11時58分 公開

APAMANがアパマンショップ平岸駅前店の爆発事故について公式発表 スプレー缶約120本が原因か

詳しいことについては調査中です。

[コンタケ,ねとらぼ]

 APAMANが12月16日20時半頃に札幌で発生した、連結子会社で不動産仲介業者であるアパマンショップリーシング北海道の運営するアパマンショップ平岸駅前店爆発事故について公式に発表をしました。原因について事故当時店舗内にいた従業員から聞き取り調査をしたところ、「消臭スプレー缶約120本の廃棄処理後、湯沸かし器を点けたところ爆発が起きたとの報告を受けました」としています。



 この事故で、アパマンショップリーシング北海道の従業員2人がけが及びやけどなどを負ったとのこと。賃借していた建物や店舗内装設備は全損しており、周辺建物の影響、近隣店舗の従業員や客などの被害は調査中です。


APAMAN アパマンショップリーシング北海道 アパマンショップ平岸駅前店爆発事故 消臭スプレー缶 事故前のアパマンショップ平岸駅前店(画像はGoogleストリートビューから)

 今後の連結業績見通しに与える影響は現時点では不明。今後の見通しに関して業績予想の修正等が必要であることが判明した場合には、速やかに知らせるとしています。

 APAMANはこの発表で、「爆発事故による被害に遭われた方々、周辺住民の方々、及び関係する全ての皆様に心よりお詫び申し上げます」と謝罪しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.