ニュース
» 2018年12月18日 20時30分 公開

横浜赤レンガ倉庫「クリスマスマーケット」開催 横浜で本場ドイツの世界観を味わってきた (1/3)

昼も夜も楽しい横浜のクリスマスマーケット!

[戌田港,ねとらぼ]

 横浜赤レンガ倉庫で「クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫」が2018年12月25日まで開催しています。

 今年のクリスマスマーケットのテーマは、ドイツの街アーヘン。実際にドイツ・アーヘンのクリスマスマーケットで設置されるジンジャーブレットマンの巨大な人形を赤レンガ倉庫にも設置して本場の空気を出しています。横浜にドイツの風が……!


ロ横浜赤レンガ クリスマスマーケット

 クリスマスマーケットとは1393年のドイツ・フランクフルトで始まったと言われており、イエス・キリストの降臨を待ち望むための「アドベント ツァイト」と呼ばれる期間(12月24日のイブの日から4週間前の日曜日)から開催されます。クリスマスマーケットではヒュッテと呼ばれる、小屋のようなお店が街のさまざまな場所に立ち並び、クリスマスに必要なグッズやクリスマスの時期にしか売られないお菓子などを買うことが出来ます。赤レンガ倉庫では2010年からクリスマスマーケットを開催し、今年で9度目の実施です。


ロ横浜赤レンガ クリスマスマーケット

 上を見ると電球の屋根が。これが夜になると電気が光って流星群のようなカーテンになります。


ロ横浜赤レンガ クリスマスマーケット


ロ横浜赤レンガ クリスマスマーケット

ドイツの定番クリスマスメニューを味わう

 入ってすぐに見えるのは、フードコートのような食べ物が中心のお店。メニューはアヒージョや手羽先のようなバーのようなものもありましたが、ソーセージやシュニッツェル(カツレツ)、アイスバイン(豚を香辛料で煮込んだもの)そして「グリューワイン」(温めたワイン)など、ドイツのクリスマスマーケットの定番メニューも多く販売されていました。


ロ横浜赤レンガ クリスマスマーケット

ロ横浜赤レンガ クリスマスマーケット ドイツ出身の方も出店されていました。人が途絶えない人気店でした!

 イートインスペースもあるので、買ったものを座って食べられます。


ロ横浜赤レンガ クリスマスマーケット

 グリューワインは追加料金で長靴の形をしたコップにワインを入れてくれますが、「きれいな状態で持ち帰りたいの!」という人のためにコップだけの販売も行っています。


ロ横浜赤レンガ クリスマスマーケット


ロ横浜赤レンガ クリスマスマーケット

 クリスマスといえば、やはりクリスマスケーキ! クリスマスマーケットには、ミシュランの一つ星を獲得している代官山「レストラン・パッション」のオーナーシェフ、アンドレ・パッション氏プロデュースによるクリスマスケーキがありました。ディナーにしか提供しないケーキを特別に販売しているのだそうです。


ロ横浜赤レンガ クリスマスマーケット

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.