ニュース
» 2018年12月18日 20時00分 公開

あなたの薄い本はもっと最高になる! プロデューサーと呼ばれる同人女が教える3つの同人誌制作ハック (1/3)

コミケ原稿を入稿前にセルフチェック!

[ニシノ,ねとらぼ]

 みなさん、同人誌作ってますか?

 私はとある女性向けジャンルで活動する社会人の同人女です。個人誌、合同誌、アンソロジー企画の主催や寄稿などを含め、年間で20冊ほどの同人誌制作に携わっています。同時に、友人からの依頼で、同人誌を刊行する前にアドバイスを送ったりもしています。

 テーマは「友よ、この本はもっと最高になる」。友人からはいつの頃からか「DOSUKEBEプロデューサー」と呼ばれています。

同人誌ハック 3つのポイントであなたの本はもっと最高になる!

プロデューサーの“仕事”とは?

 具体的にどういうことをしているのか、順に説明します。原稿(漫画の場合はネーム、小説の場合は本文テキスト)が筋としては最後まで終わっている段階で一度見せてもらいます。そこで、まずは所感を伝えていいところをめっちゃ褒める。

 そしてより読みやすくするために、作り手の意図と違って伝わりそうな部分を指摘したり、みんなが読みたいところについては「ここはもっと膨らませてほしい!」とコメント。長い小説であれば章立てして何度も好きなシーンを読み返せるようにアドバイスをしたりします。完成度8割くらいから、5〜6割まで戻させてもらう感じです。

 もちろん、あくまでも友人同士の信頼関係あってのアドバイスなわけですが、友人からは「膨らませたところにメッチャ感想が来る」「150冊頒布して感想が30件来た」などと喜んでもらっています。

 さて、同人誌の“あるある”の1つは、作り手が「迷子になる」ことではないでしょうか。

 萌え心から出発したはずの同人誌作りなのに、だんだん「これは萌えるのか?」「面白いのか?」「っていうか話成立してる?」「この急展開、読者はついてこれてる?」ということがわからなくなってくる……。

 そういうときに意識するとあなたの薄い本がより最高になる(かもしれない)3つのパターンをお伝えします。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた