ニュース
» 2018年12月19日 19時30分 公開

故郷を知らない生体兵器を描いた漫画「足長ギイの帰還」が心に刺さる 「泣ける」「家族を大切にしたくなった」の声 (1/2)

思わず「おかえり」を言いたくなる。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 終末感ただよう世界を舞台に、故郷を知らない生体兵器が「帰還」するまでを描いた漫画がTwitterで話題です。作者はくらげバンチで「部長が堕ちるマンガ」を連載中の中村朝(@nakamura_asa)さん。


ashinaga


 主人公は生体兵器のギイ。製造後すぐに雲を見下ろす高高度へと送られ、空から攻めてくる「敵」を監視する任務にあたっています。上半身は感情を備えた人間そのものですが、腰から下はケーブルを兼ねた「脚」で地上に固定されており、自由に動くことすらままなりません。


ashinaga 戦争に生体兵器が投入される世界のお話

 そんな境遇から「地上」の世界を知らないギイですが、友達と呼べる相手が2人だけいました。有線通信で地上から彼をサポートする管制官のギガベルトフと、週1回のメンテナンスのためにやってくる調整師のガートルートです。


ashinaga 娯楽と呼べるのは友人との会話だけ


ashinaga 初めて歌を耳にするギイ


ashinaga 「思い出」「山」「親」……。歌詞はギイが触れたことのない単語で溢れていました

 2人にとってギイは弟のような存在なのでしょう。必要な業務が終わった後も雑談に花を咲かせたり、軍事回線を使って「音楽」を聞かせてあげたり、何もない空の上でも退屈しないようにと手を尽くします。ですが彼らの優しさとは裏腹に、ギイは友人たちと会えない時間の「寂しさ」を学習していくのでした……。


ashinaga ある日、ギイの通信回線に異常が発生してしまいます

ashinaga どれくらいの時間が経ったのでしょうか

ashinaga 「寂しさ」を自覚するギイ

 そんなギイが地上へと帰るまでが描かれる本作ですが、物語の最後には胸を締め付ける切ない結末が待っています。Twitterでは「ギイの選択が泣ける……」「家で待っている家族を大切にしたくなった」といった温かい感想が寄せられました。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/24/news008.jpg 猫「はさむのやめろニャ(怒)」 兄猫に顔をホールドされる妹猫の表情がおもしろい
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」