コラム
» 2018年12月20日 11時00分 公開

俵万智さんの短歌「サラダ記念日」、実際に作ったのは「カレー味のから揚げ」って知ってた?

歌人の感性。

[ねとらぼ]

―――『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

 これは280万部を記録した歌集「サラダ記念日」(1987年刊行)に収録されている有名な短歌。ですが、実際に作った料理は「サラダではなく、から揚げ」だったということをご存知ですか?

解説

 短歌「サラダ記念日」が誕生した背景について、作者・俵万智さんは2014年にTwitter上で明らかにしています。それによると、「七月六日はサラダ記念日」は実体験をヒントに考案したフレーズなのだとか。

 実際に作って、ボーイフレンドに褒められたのはカレー味の鶏のから揚げ。「メインディッシュがおいしいのは当たり前」などの理由から、短歌ではサラダに変更。「サラダ」という音の響き、野菜がおいしい季節などを考慮した結果、7月6日という日付に決定したとのこと。

 「ある日、大切な人に料理を褒めてもらえた」という小さな喜びを歌人の感性で言語化していった結果、「『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日」になったというわけです。

おまけマンガ



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.