ニュース
» 2018年12月19日 15時00分 公開

北海道から人気猫ちゃんが初参戦! 「ねこ休み展」冬の本祭 2019年1月に東京・浅草橋で開催

4周年を迎えてパワーアップ。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 猫好きさんのための冬イベント「ねこ休み展」冬の本祭が、2019年1月25日〜2月24日にTODAYS GALLERY STUDIO(東京・浅草橋)で開催されます。


ねこ休み展 「ねこ休み展 冬 2019」 ももとみらいさん

 「ねこ休み展」は人気の猫クリエイターさんが集結する猫の合同写真&物販展。4周年に突入した今回は、新作展示をメインに過去最大規模での開催となります。

 初参戦となるのは北海道のクリエイター“もも と みらい”さん。自然の中で暮らす9匹の猫さんをTwitter(@myumyulovemyu)やInstagram(@mirait)で紹介しています。



 11月に急死したスター猫・うらちゃん(JOEさん/@urabanashi813)のコーナーも用意され、子猫時代の作品や歴代の作品を展示します。


ねこ休み展 JOEさん
ねこ休み展 JOEさん
ねこ休み展 matsumotooooooさん
ねこ休み展 emiさん
ねこ休み展 jun.kさん
ねこ休み展 jun.kさん
ねこ休み展 MaiYamamotoさん
ねこ休み展 MaiYamamotoさん
ねこ休み展 punkumaさん
ねこ休み展 Riepoyonnさん
ねこ休み展 Riepoyonnさん
ねこ休み展 rojimanさん
ねこ休み展 rojimanさん
ねこ休み展 ホイ主さん
ねこ休み展 ホイ主さん
ねこ休み展 ネズミイロのネコとバニラさん
ねこ休み展 わさびちゃんちさん
ねこ休み展 牧野直樹さん

 会場には“灯さかす”さんが描く“ましまろう”のポップアップストアが新登場。ぬいぐるみ作家“RUBIA-ARGYI”さんが愛猫をぬいぐるみにしてくれるチャンス企画も実施されます。


ねこ休み展 ましまろうポップアップストアが登場
ねこ休み展 あなたの愛猫をぬいぐるみにしてもらえるかも

 グッズコーナーでは、空木さん×Riepoyonn(アメカヌ)さん、Hara Pecot sae.さん×ねこ休み展などのコラボ企画を展開。ホイちゃんの公式写真集「ホイふぉとアルバム」も販売されます。


ねこ休み展 空木さん×アメカヌさん
ねこ休み展 オリジナルグッズ
ねこ休み展 JOEさん
ねこ休み展 ホイップ初の公式写真集も登場
ねこ休み展 銀屋 29Qさん
ねこ休み展 みちさん
ねこ休み展 「ねこ休み展 冬 2019」キービジュアル
ねこ休み展 「ねこ休み展 冬 2019」キービジュアル

猫の合同写真展&物販展「ねこ休み展 冬 2019」

開催日時:2019年1月25日〜2月24日 11時〜19時

休館日:月曜日(2月11日は開館)

会場:TODAYS GALLERY STUDIO(東京都台東区浅草橋5-27-6 5F)

入場料:500円/3歳以下は入場無料

参加アーティスト:ホイ主、JOE、牧野直樹、Riepoyonn、もも と みらい、灯さかす、アップルココ、空木、銀屋 29Q、ココニャ、にゃんことみーこ、瀬戸にゃんちさ、ならママ、ネズミイロのネコとバニラ、野良猫散歩、福嶋吾然有、まほめ、みち、わさびちゃんち、0313、Arisa&Akamegane、chama、emi、jun.k、kiyochan、MaiYamamoto、matsumotoooooo、punkuma、sanchelove、rojiman、RUBIA-ARGYI、marucoro chan、HaraPecot sae.、Unique8128 など全34組(敬称略・順不同)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」