ニュース
» 2018年12月20日 16時00分 公開

限定100台の新モデル「CRF110F」も ホンダ、オフロードバイク「CRF125F」の全面リニューアルを発表

扱いやすさを重視したリニューアル。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 本田技研工業(ホンダ)は2018年12月20日、オフロードバイク「CRF125F」の全面刷新と、新モデル「CRF110F」を発表しました。

ホンダ オフロード バイク CRF135F CRF110F リニューアルされた「CRF125F」

 CRF125Fはホンダのオフロードバイクシリーズで主力に位置付けられていたモデル。新たに設計された「ダイヤモンド形式ツインパイプフレーム」のほか、出力特性を調整した電子制御噴射装置、ストローク量を増やしたフロント・サスペンションが採用され、これまで以上に扱いやすいマシンへとリニューアルされました。

ホンダ オフロード バイク CRF135F CRF110F

 また、燃料の残量が少なくなったことを知らせる「燃料リザーブインジケーター」をメインスイッチ横に配置し、イグニッションのオン・オフや電子制御燃料噴射装置の異常を知らせるLEDランプがスタータースイッチ部に配置されるなど、利便性も向上しています。

 同時に発表された新モデル「CRF110F」は、CRF50FとCRF125Fの中間に位置するモデル。新設計となる「バックボーン形式ツインパイプフレーム」を採用して、空冷4スト単気筒エンジンを搭載しつつ、全長130.2センチというサイズでまとめ上げました。

ホンダ オフロード バイク CRF135F CRF110F 新たに設定された「CRF110F」
ホンダ オフロード バイク CRF135F CRF110F

 また、CRF125Fのリニューアル内容に加えて、キックスターターとセルスターターの併設、自動遠心式クラッチが採用されており、ステップアップを目指す初心者からベテランまで、幅広い層をターゲットを視野にいれた扱いやすさを重視したモデルとなっています。

 両モデルは2019年2月1日から販売開始が予定されており、本体価格はCRF125Fが31万5000円、CRF110Fが25万円。販売台数はCRF125Fが170台、CRF110Fが100台を予定しています。

春山優花里@haruYasy.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.